お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

自然消滅はなぜ起こる? 自然消滅を望む人の心理と対策

ひろたかおり(恋愛コラムニスト)

決定的な別れ話をせず、自然消滅してしまうカップルも少なくありません。中には彼氏や彼女からの連絡が途絶えて音信不通となり、そのままということも。恋愛コラムニストのひろたかおりさんが、自然消滅の理由やそれを望む人の心理、防ぐコツを紹介します。

彼氏や彼女と遠距離恋愛になってから連絡が来なくなったり、喧嘩して音信不通になったり。

音沙汰がない状態になると、「このまま関係が終わってしまうかも」と不安になりますよね。

自然消滅を避けるためには、どんな対策をすればいいのでしょうか? 今回は「自然消滅」をテーマにお話しします。

自然消滅の基準はカップルによっても異なる

恋人と連絡がつかないまま時間が経つと、頭に浮かぶのが「自然消滅」という言葉。

音信不通がどのくらい続くと自然消滅したといえるかは人それぞれであり、2人の付き合い方によっても変わってきます。

毎日LINEでやりとりをしていた、頻繁にデートしていたというカップルなら、数週間も連絡がないとフェードアウトされた可能性も考えられます。電話は週に1回、会うのも月に1回程度のカップルなら、数カ月様子を見てもいいでしょう。

いずれの場合も、何かしらの事情があって連絡が途絶えてしまったという場合もあるので、早合点は禁物です。

「普段の状態と比べて明らかに様子がおかしいと言えるかどうか」を目安に考えるようにしましょう。

次ページ:自然消滅の理由とは?

SHARE