お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

ミラーリングとは? 恋愛・仕事で好意を持たれるテクニック

大塚統子(心理カウンセラー)

「ミラーリング」を知っていますか? 「相手の動作を意識的に取り入れること」で、心理学では信頼関係を築くのに効果的とされる技法です。心理カウンセラーの大塚統子さんに、ミラーリングの意味や効果、恋愛・仕事で実践できるやり方を教えてもらいました。

心理学では、信頼関係を築くのに効果的といわれるものに、「ミラーリング」という技法があります。

相手をよく知っているわけでもないのに、「なぜか安心できる人」「あの人は味方な気がする」と思うことはありませんか? 相手に親近感や安心感を抱かせやすい人は、このミラーリングを用いているのかもしれません。

ミラーリングは、誰もが日常的に活用できるテクニックです。今回のコラムではその方法や効果、注意点を紹介します。

「ミラーリング」とは? 心理学における意味と効果

まずは、ミラーリングの意味や効果を見ていきましょう。

ミラーリングは「相手の動作を取り入れること」

基本的にミラーリングとは、相手の姿勢・しぐさ・態度・視線・表情などの一部をまねて、意識的に自分の動作に取り入れることです。

動作だけではなく、相手が用いる言葉・声のトーン・会話のテンポ(速さ)・間の取り方などを模倣することも含みます。

ミラーリングの効果で「信頼関係を築きやすくなる」

体の動きや話し方は、非言語のコミュニケーションです。

言葉ではない動作などのコミュニケーションに同調することで、相手に親近感や安心感を持ってもらいやすくなります。

適切なミラーリングは、恋愛や仕事の場面などでも信頼関係の構築に役立ちます。

次ページ:ミラーリングのやり方をチェック

SHARE