お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【心理学】初頭効果とは? 初頭効果と親近効果で第一印象UPさせるコツ

高見綾(心理カウンセラー)

初頭効果とは、最初に示された情報が最も印象に残りやすいという心理学用語です。最後の印象が最も残りやすい「親近効果(終末効果)」とよく比較されますが、結局どういうこと? 今回は、心理カウンセラーの高見綾さんが、初頭効果の活用方法を解説します。

最初に示された情報が最も印象に残りやすいという「初頭効果」をご存知でしょうか?

これにより、同じ情報であったとしても、出された順番によって片方に良い印象を持ち、もう片方には悪い印象を抱いてしまうという状況が生まれます。

今回は、初頭効果とは何かを詳しく解説しながら、この心理効果を用いた「第一印象を良くするための方法」を紹介します。

初頭効果の意味

初頭効果とは「最初の情報が最も記憶や印象に定着しやすいという心理」です。一般的によく言われる「第一印象が大切」は、初頭効果を意識したものです。

ソロモン・アッシュの実験

この心理を実験によって裏付けたのがポーランド出身の心理学者ソロモン・アッシュです。アッシュは、以下の2種類の人物評価を示し、それぞれがどういった印象になるかを調べました。

2つの内容は同じなのですが、順番が違います。

・知的、勤勉、衝動的、批判的、頑固、嫉妬深い
・嫉妬深い、頑固、批判的、衝動的、勤勉、知的

すると、1つ目のポジティブな要素が先にあった人の方が「欠点はあるけれども、全体としては良い人だ」という印象になったのです。

2つ目の先にネガティブな要素があった人の方は、「根は良い人かもしれないが、うまく生かせていない人」という印象になったのです。

このような初頭効果は、日常的にもたくさん見られます。

例えば、初対面の時に、相手が25歳だったとします。すると、その印象が強く残り、お互いに年齢を重ねた後も、相手は25歳のままのような印象を持ち続けていたりすることがあるのです。

初頭効果と親近効果

初頭効果と並列で語られることの多い「親近効果」は、最後の情報が最も印象に残り、判断や行動に影響を及ぼすという心理です。

例えば、カフェで長時間料理が出てこず、クレームを伝えたとします。すると、店長さんが直々に謝罪をしてくれたことで印象が良くなり、またこのカフェに通うようになったというようなケースです。つまり、“終わり良ければ総て良し”状態。

長期記憶に働きかける初頭効果と短期記憶に働きかける親近効果は、真逆の心理効果ですが、相互に影響を及ぼし合っているので、コミュニケーションでは2つを同時に高めていくことが大切です。

なお、それぞれの効果的な使い方にはいくつか特徴があります。

・初対面の相手や関心の薄い相手の場合
→初頭効果が強くなる

・会うのが2回目以上の相手や関心を持ってくれている相手
→親近効果が強くなる

また、

・情報を並列に扱う場合
→初頭効果が強くなる

・反対の情報を扱う場合
→親近効果が強くなる

といった影響を及ぼします。これらの具体的な活用方法については、次の項目で説明していきますね。

次ページ:初頭効果で好印象を与える方法

SHARE