お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「ご教示ください」の意味とは。「ご教授」との違いや正しい使い方を解説

kirara

「ご教示ください」という言葉を見かけたり、実際に使っている人も多いでしょう。しかし、きちんと意味まで把握している人は少ないのでは? そこで、ビジネス用語に関する記事を多く執筆しているライターkiraraさんに「ご教示」の意味や正しい使い方を教えてもらいました。

上司や取引先とのメールで使われる「ご教示」という言葉。実は、使えるシーンが決められているのを知っていますか?
使い方を間違えると相手に失礼な印象を与えてしまうこともあるので、正しい意味や使い方、似た意味の言葉との違いを知って、正しく使えるようになりましょう。

「ご教示」はどう使う? 意味と使い方を知ろう!

仕事のお礼メールなどで使う機会の多い「ご教示」という言葉。意味が分かったつもりで使っていると、知らないうちに相手の気分を悪くしてしまうことがあります。

そうならないためにも、「ご教示」の意味や使い方など、基本的なことからしっかり覚えておきましょう。

相手から何かを教えてもらうことを表す言葉

「ご教示」とは、「仕事の方法や知識を相手から教えてもらう」ことを表す言葉です。そのため、「〇〇をご教示ください」という文章では、「〇〇を教えて下さい」という意味になります。

形式張った表現なので回りくどいように思えますが、相手への敬意も表した言葉です。あまり親しくない相手や取引先に教えを請う場合には「ご教示」を使うと良いでしょう。

正しい「ご教示」の使い方

ビジネスシーンでよく見かける「ご教示」を使った具体的な文章例から、より深く「ご教示」の意味を理解しましょう。

例文

  • 接客方法について不明な部分があるため、以下の部分についてご教示いただけると幸いです。
  • 先日は書類作成の手順をご教示いただき、ありがとうございました。

これらの文章では、「教えて欲しい」「教えてもらったお礼」を示しています。硬い表現ですが、意味が分かっていると内容が理解しやすいですよね。

目上の人へ使う時は敬語に気をつけよう

「ご教示」には相手への敬意が含まれているので、目上の人に対して使っても失礼ではありません。ただし、「ご教示願います」や「ご教示ください」という表現は、目上の人に対する言葉遣いとしては不適当のため、使わないように気を付けましょう。

目上の人へ使う場合は、「ご教示いただけると幸いです」「ご教示のほどよろしくお願いします」のような敬語を交えて使うのがポイント。「ご教示」だけでなく、文章全体で考えると失礼な文章にならなくなりますよ。

次ページ:【シーン別】「ご教示」を使った具体例

SHARE