お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 スキル

どちらが正しい? 「すいません」と「すみません」の違い

吉田裕子(国語講師)

「すいません」と「すみません」のどちらを使うべきかで迷ったことはありませんか。今回は「すいません」と「すみません」の違い、ビジネスシーンでの言い換え表現について、国語講師の吉田裕子さんに解説してもらいました。

「すいません」「すみません」という言葉は、お礼や謝罪などいろいろな場面で使われています。そもそもどのような意味の言葉なのでしょうか。

また、「すいません」「すみません」という音の違いで、意味や使い方にも変化はあるのでしょうか。

ビジネスシーンで用いる際の注意点や言い換え表現を含めて見ていきましょう。

「すいません」と「すみません」の違い

「すいません」「すみません」の違いは、音の違いです。

意味はどちらも同じで、申し訳ない気持ちやありがたい気持ちを相手に伝える表現です。

そもそもの語源としては、「気が済まない」というところからきています。「こんなにお世話になったり迷惑をかけたりしたら、こちらの気が済まない。気持ちの上で納得がいかない」という心境です。

「済まない」を丁寧語にして「すみません」になり、口で言いやすいように、「み」が「い」に変わって「すいません」になりました。こうした音の変化は、文法用語ではイ音便と言い、

巻きて→巻いて
書きて→書いて

など、他にも例があります。いずれも口頭で言いやすいように音が崩れて変わったものです。

「すいません」「すみません」の場合、そもそもは「すみません」という音であり、「すいません」は口で言いやすいよう崩れていったものなので、「すみません」の方が正式な印象、改まった印象があります。

ですから、「すいません」はメールや書面、手紙のような書き言葉では使わない方がいいです。

口頭においても、顧客や取引先などの気を使う相手に対しては、「すいません」は使わないようにした方が安心です。

次ページ:「すみません」という言葉はビジネスシーンで使えるのか

お役立ち情報[PR]