お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

キスマークに込められた意味とは? 痕を付ける心理と消し方&隠し方

大西みき

キスマークを付ける人にはどんな心理があるのでしょうか? 実はキスマークには、付ける場所別にさまざまな意味が込められているんです。今回は、恋愛ライターの大西みきさんに、キスマークの意味や上手な付け方の他に消し方&隠し方も解説してもらいます。

あなたは恋人にキスマークを付けられた経験がありますか? また、キスマークを付ける場所によって意味が変わることを知っていますか?

ここでは、恋人がキスマークを付けたいと思う心理や、キスマークが付く仕組み、上手な付け方、さらにはキスマークで困った時の対処方法も併せてご紹介します。

キスマークとは?

キスマークとは、肌を唇で強く吸うことでできる痕(あと)のことです。「キスマーク」という単語は和製英語で、吸引性皮下出血とも呼ばれています。

肌が軽い内出血を起こすために赤く痕が残りますが、基本的には時間がたてばきれいに消えます。

キスマークは愛情表現の一種と捉えられているため、キスマークを付けられてうれしいと感じる人も多くいるでしょう。

一方で、周囲に与える印象や恥ずかしさから、付けられるのは避けたいと考えている人も少なくないようです。

次ページ:キスマークを付けられたら痛いと感じる理由

SHARE