お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

キスマークに込められた意味とは? 痕を付ける心理と消し方&隠し方

大西みき

キスマークの上手な付け方とコツ

意外と付けるのが難しいキスマーク。無理に付けようとすれば、痛みを感じるだけできれいに付けることはできません。

皮膚が薄いところを選んだ方がキスマークは付きやすく、首筋以外にも、胸やお腹、太ももなどがおすすめです。キスマークの上手な付け方をマスターしましょう!

(1)唇を潤わせておく

キスマークを付けるために、唇を潤わせておくのがおすすめ。

唇を潤わせておくことで、空気を漏らさずに肌を強く吸えるようになり、キスマークが付けやすくなります。

(2)口はすぼめて、少し開く

キスマークを付ける時の口の形は「う」をイメージしましょう。

唇を少し開くことで、吸う力を高められます。あまり大きく開き過ぎると吸引力が弱くなるため、きれいにキスマークを付けることが難しくなりますよ。

(3)唇と肌をしっかり密着させて吸う

唇と肌をしっかりと密着させて、すき間から空気が漏れないように吸いましょう。

キスマークは軽い内出血を起こすのが目的なため、真空状態を作り出せれば鮮明なキスマークが残せます。

(4)同じ場所を何度も繰り返し吸う

一度の吸い付きだけでは、きれいなキスマークは付きません。同じ場所を繰り返して吸いましょう。

これなら強い吸引でなくても付けられるので、ゆっくり時間を掛けて試してみてください。

次ページ:キスマークの消し方・隠し方

SHARE