お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「ちやほやされる人」に共通する8つの特徴

関由佳

恋愛や仕事の場面でちやほやされている人を見ると、「ずるい」と思う反面「なりたい!」とも思うはずです。では、ちやほやされる女性の特徴とは? 心理カウンセラーの関由佳さんが、ちやほやする男性心理を交えながら解説します。

世の中には、なぜかいるだけで周囲から持ち上げられる人間が一定数います。

ちやほやされている様子を見ながら、嫉妬したり自分も「向こう側に行きたい!」と思ったりしたことがある人も少なくないのでは?

とはいえ、相手に媚びたりキャラを作ったりするのは、疲れてしまうもの。できるだけナチュラルにちやほやされる人間になりたいですよね。

そこで今回は、ちやほやされる人の特徴を知って、愛され女子になるための方法を探ってみましょう。

ちやほやとは?

そもそも、「ちやほや」という言葉にはどんな意味や語源があるのでしょうか。

「ちやほや」の意味・語源

相手を甘やかしたりおだてたりして機嫌をとる様子を意味する「ちやほや」という言葉。

「ちやほや」の語源を調べてみると、平安時代までさかのぼります。

清少納言が書いたとされる『枕草子』の中に「みな人の花や蝶やといそぐ日もわが心をば君ぞ知りける」という和歌が見られるのですが、この「花や蝶や」がいつしか逆転し「蝶や花や」となって、「ちやほや」という言葉になったのだとか。

今も昔も、持ち上げて称えるといったコミュニケーションの取り方は変わらないようです。

「ちやほやされる」とはどういった状態?

「ちやほやされる」状態とは、簡単にいうと「モテる」「大切にされる」ということ。

ちやほやする側の人は、相手に気に入られたい、自分を見てほしいという気持ちから、おだてたり褒めたりしてちやほやします。

ちやほやされる人というのはそれだけ魅力的であり、放っておけない存在なのです。

次ページ:ちやほやされる女性の特徴

SHARE