お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【実態調査】ステイホーム期間のムダ毛処理の頻度って?

おこもり美容

前田郁(ライター・シナリオライター)

特集「おこもり美容」では、おうちで過ごすことが増えた今、“自分のために”“自分でできる美容”の楽しみ方を模索していきます。今回は、新型コロナウイルス感染拡大によるステイホーム期間中、どのくらいの頻度で「ムダ毛処理」をしていたか実態調査を行いました。ライターの前田郁さんが考察します。

多くの女性がムダ毛処理をしている、または処理した経験があるのではないでしょうか?

処理はせずにナチュラルな状態を保つ人もいると思いますが、「生えているのを人に見られると恥ずかしい」と感じて処理する人もいますよね。

では、ステイホーム期間で人に会う回数が減ると、ムダ毛処理への意識は変わるのでしょうか? ステイホーム期間中のムダ毛処理事情について調査しました。

ステイホーム期間はどれくらいの頻度でムダ毛処理をしていた?

※有効回答数309件
※四捨五入の関係で合計が100%にならない場合があります

1カ月以上ムダ毛処理をしなかったという人が全体の37%を占めることが分かります。

筆者の感覚としては、日頃からムダ毛処理をする人であれば、1カ月以上も処理をしないとなると、ずいぶん毛は伸びてしまいますし、自分だけでなく他人から見ても分かるくらい毛が目立ち始めると思います。

そんな中で約4割の女性が1カ月以上も処理をしなかったということは、ステイホーム期間にムダ毛をあまり意識することがなくなったのかもしれないと考えられます。

では、ムダ毛処理を1カ月以上しなかった人と、ほぼ毎日していた人では、どのような意識の違いが見られるのでしょうか? 確認していきましょう。

1カ月以上ムダ毛処理をしなかった理由

※有効回答数113件(「1カ月以上ムダ毛処理をしなかった」と回答した女性)

理由を見てみると、「誰にも会わないため処理する必要がない」と回答した人が37%で最も多い意見となりました。

この結果から、やはり「人に会わなければムダ毛の処理をする必要もない」と考える人が多いことが分かり、ムダ毛処理は“自分のため”ではなく“誰かのため”にするものと考える人もいることが推察できます。

ほぼ毎日処理していた理由

※有効回答数29件(「ほぼ毎日ムダ毛処理をした」と回答した女性)
※四捨五入の関係で合計が100%にならない場合があります

一方で、ほぼ毎日ムダ毛処理をしていた人はどうでしょうか?

理由を確認すると「理由は特にない」という人が最も多いですが、「ムダ毛が生えると気になるから」「習慣だから」などの意見も目立つことが分かります。

また、少数ではありますが「身だしなみをきれいに保ちたいから」「ステイホーム期間だとしても手を抜きたくないから」「気分が下がるから」という意見もあり、全体的に“自分のため”にムダ毛処理を行っているということが伺えました。

ほぼ毎日処理をしていた人たちは、ムダ毛処理に対して「面倒」という意識はなく、自分が美しくい続けられることへの「心地良さ」や「必要性」を感じているのかもしれません。

自分のために美を追求するのは心地良い

ステイホーム期間中、多くの女性が「面倒」という理由からムダ毛処理の頻度が低くなり、ムダ毛処理というのは「人目を気にしてするもの」だという意識が根底にあることが分かりました。

ただ、毎日ムダ毛処理をしている人たちの意見を見てみると、“自分のため”に美しくいられることは、実はとても心地良いものなのではないかと思わされました。

おうちにいる時間を長く取れる時だからこそ、コツコツと美を追求し、毎日の自分をアップデートしていけるのは、とても楽しいことなのかもしれませんね。

(文:前田郁、イラスト:だるだるがーる)

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2021年2月2日~2月3日
調査対象:25歳~35歳の未婚女性
有効回答数:309件

※この記事は2021年03月05日に公開されたものです

前田郁(ライター・シナリオライター)

100名近い不妊治療経験者へのインタビューから、夫婦関係、男女関係についてリアルな話を聞いた経験を持つ。現代は、結婚か仕事かの二者択一ではなく、結婚も仕事も、そして出産も趣味も、なんでもアリの世の中だけに、余計に迷うことの多い女性を応援したい! が信条。演劇は観るのも好きですが、シナリオライターとして、恋愛を題材にした朗読劇やwebドラマのシナリオも執筆、上演している。

この著者の記事一覧 

BACKNUMBER 「おこもり美容」をもっと見る

MORE

SHARE