お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

何回目のデートで告白すべき? 成功率が高いタイミングとは

やっち

デートで告白したいと思っても、告白する場所やタイミングなど、気になることはたくさん。今回は、恋愛コラムニストのやっちさんに告白のベストタイミングを解説してもらいます。これから初デートの方も、いよいよ2回目、3回目……という方も、ぜひ参考にして成功率をアップさせてくださいね。

ある人がいつのまにか特別に見えて、気になって仕方なくなる……この思い、どうしてくれようか?

そんなモヤモヤを抱えた時、今すぐに告白しようと思う人は少ないと思います。

まずはLINEでつながってみる、いよいよ初デート、そして2回目と、少しずつ関係を深めることで告白のタイミングを伺う人が大半でしょう。

ところで、告白はいつどこでどのようにしたらいいの? ということで、延べ300人以上の恋愛相談に乗ってきたコラムニストやっちが解説していきます。

告白は何回目のデートでするのが効果的?

結論から申し上げると、告白のタイミングは3回目がベストです。

理由はシンプルで、緊張感のある関係の新鮮さと、お互いへの理解度のバランスが良いから。

ただ、必ずしも3回目がいいというわけではなく、相手との距離の縮め方によってタイミングは変わってきます。

ここでは、告白の回数によって変わるメリットやデメリットを紹介していきます。

1回目のデートで告白するメリット・デメリット

基本的に初デートで告白をするのは避けるべきと考えます。

よほど本能的に惹かれ合うことでもない限り、お互いのことを知らないまま付き合う人は少ないからです。

1回目に告白をするなら、告白した後の関係作りが大切です。

好意は既に伝えているので、断られない限りは、相手を思う気持ちを素直に表しながら関係を深めていくのがいいでしょう。

いずれにしても、1回目のデートでの告白は思いが伝わりづらく、真剣なお付き合いを望んでいたとしても、思い入れが軽く捉えられてしまいがちです。

2~3回目のデートで告白するメリット・デメリット

やっちとしては、もっともおすすめしたい回数です。

2回目のデートに相手が応じてくれるということは、当然ながら「嫌ではない」のです。

ただでさえ忙しい日々に加え、昨今ではマッチングアプリなどの人気から出会いの機会は増えており、できる限り無駄な時間は過ごしたくないもの。

それにもかかわらず、2回目、3回目のデートに応じてくれるのは、相手が恋愛対象として見てくれていると考えて間違いないでしょう。

4回目以上のデートで告白するメリット・デメリット

4回目以上のデートに応じてくれるということは、相手が心を許している証拠です。

ただ、4回目以上は危険と思ってください。

相手はあなたを恋愛対象から外し、友人として見ているかもしれません。なぜなら、4回以上デートを重ねても進展のない関係性だから。

告白の断り文句に「友達として付き合いたい」がありますが、これは本音で、友人としての安心感が芽生えてしまうことがあるのです。

また、デートに慣れると会話が弾むメリットがありますが、緊張感と高揚感が薄れることで恋愛対象から外れる可能性があることも覚えておきましょう。

次ページ:デートでの告白を成功させる3ステップ

SHARE