お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

何回目のデートで告白すべき? 成功率が高いタイミングとは

やっち

デート中の告白におすすめのセリフ

どんな場所で、いつ告白すればいいのか見えてきましたか?

とはいえ具体的にどのような言葉で伝えたらいいのか悩みますよね。

参考として、デート中の告白におすすめのセリフをプレゼントいたします。

(1)「好きです、付き合ってください」

最も素直で分かりやすい表現です。

好意を伝えるだけでどうしてほしいのかまで伝えない人も中にはいますが、きちんと言い切ることで誠意が伝わります。

シンプルでありながら相手の心に届きやすい言葉なので、かなりおすすめです。

(2)「結婚を前提に付き合ってほしい」

これも王道ですが、真剣さがよく伝わるセリフです。

将来性のある相手に対して、恋愛をしたいのか、結婚まで考えているかの線引きには高い効果を発揮します。

デートの中で、相手が結婚を考えているどうかは垣間見えると思います。

自分が伝えたい気持ちを表すだけでなく、相手の結婚観に寄り添うセリフとも言えるでしょう。

(3)「ずっと一緒にいたい」

このセリフを言われて胸が躍らない人はいないのではないでしょうか。

恥ずかしくてストレートに伝えられないけれど、思いをしっかり伝えたい人向けです。じゅうぶんに愛は伝わります。

また、今感じている思いとも将来への期待とも、どちらにも取れるので、真剣に付き合いたいと思っているけれど、結婚まではまだ考えられていない人にもおすすめのセリフです。

(4)セリフはなしで手をつなぐ

セリフではなくて申し訳ないのですが、ご提案したい告白が「手を繋ぐ」こと。

非言語コミュニケーションになりますが、思いが伝わる行動だと思います。

どうしても言葉にならなくて、でも絶対に思いを伝えたい恥ずかしがり屋かつ情熱的な人におすすめ。

帰り道にさりげなくやってみて、相手が握り返してくれたなら、告白成功。その後は「ずっとこうしたかった」など、少しずつ言葉にして思いを伝えていきましょう。

次ページ:好きな人ファースト。相手のタイミングに寄り添うこと

SHARE