お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「人事異動」で気が重い……。憂鬱な心を楽にするコツ

#お仕事ハック

トイアンナ

仕事で大成功を成し遂げたいとか、そんな大それた野望はないけど、なんとなくうまくやりたい。いつもの働き方を小さくアップデートする「お仕事ハック」を紹介します。

今回のお仕事ハックは「人事異動をポジティブに捉えたい」お悩みに、ライターのトイアンナさんがアドバイス。

「人事異動」をポジティブに捉えるには?

毎年4月に人事異動があり、今年は別のオフィスへの異動がありそうです。場所によっては引っ越さないといけないし、今の職場でせっかく作った人間関係もまたイチから……と考えると今から憂鬱です。

慣れ親しんだ場所や仲間から強制的に離される「人事異動」。どうすればポジティブに捉えることができますか?

こんにちは、トイアンナです。

オフィス移転、しんどいですよね……! 単にオフィスを引っ越しするだけでもしんどいのに、さらにそこへ人間関係のリセットまで入るとなると、もはやちょっとした転職ばりのストレスが掛かっていることかと思います。

異動って、実はとてもキツいストレス源なんです

精神医学の世界では、ストレスをスコア化する試み(※)があります。そして、さまざまな調査をもとに、全人生で降りかかるストレスTOP50がランキング化されています。

恋人・配偶者の死や、家族の病気など、いかにも重いストレスがトップを占める中でも「職場での配置転換」は全ストレスの中で27番目にランクイン。それくらい人生で重い負荷が掛かっているんだ、ということをまずは受け止めてください。

あなたがつらいのは当たり前です。いま、人生で27番目につらい出来事が起きているんですよ……!

※参照元URL:http://stressmountain.jp/

ポジティブに捉えるより「悲しみを受け止める」

そして、ストレスが掛かった時に大事なことは、無理やりポジティブになることよりも、ネガティブになっている自分を愛することです。

「仕方ないよね、だってこれ、しんどいもん」

って言いながら、自分の心が求めていることをしてください。今日はアイスを買って帰るとか、スーパー銭湯に行くとか、そういう些細なことで大丈夫です。

あなたの中にいる子どもの心は、何を求めていますか?

「もう今日は休みたいよ、限界だよ」と思ったら、1回休んだ方がいいでしょう。

「憂鬱すぎて、荷造りがはかどらないよ」と思ったら、思い切って断捨離しながら引っ越し準備しちゃいましょう。

悲しみを受け容れたら、自然と元気が出てくる

悲しみ、つらさをご自愛する段階を経なくては、人は回復できません。まずは「えーんえーん」と泣いている自分を大事にしてください。

そして、元気が出てきたら「新しいオフィスって意外とランチ食べるところ充実してる~!」「異動してみたら隣の席の同僚が神のように優しい……」みたいな、良い面を探し始めればいいのです。元気は何もないところから湧いてきませんが、嘆いた果てには待っています。

異動は憂鬱で当たり前。あなたはとっても頑張っていて、すごいんです。そのすごさをもっと自分が認めることで、元気を出してくださいね。

Point.

・望んでいなかった人事異動がつらいのは当然!
・悲しみを受け容れる段階を経ず、いきなりポジティブになろうと無理しない
・つらい自分を受け容れてあげれば、自然と元気が出てくるはず

(文:トイアンナ、イラスト:黒猫まな子)

※この記事は2021年02月16日に公開されたものです

トイアンナ

慶應義塾大卒。P&Gジャパン、LVMHグループで合わせて約4年間マーケティングを担当。その後は独立し、主にキャリアや恋愛に関するライターや、マーケターとして活動。著書に『就職活動が面白いほどうまくいく 確実内定』や『モテたいわけではないのだが ガツガツしない男子のための恋愛入門』などがある。

●ブログ「トイアンナのぐだぐだ」
http://toianna.hatenablog.com/

●Twitter
https://twitter.com/10anj10

この著者の記事一覧 

SHARE