お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

時間にルーズな人の特徴6つ。時間が守れない原因と克服方法

小日向るり子

時間にルーズになる原因

時間にルーズになってしまう原因は、どのようなものなのでしょうか。心理的な要因を探ってみます。

(1)逃避したいという思い

気の進まない集まりや、行きたくない会社への通勤など、ハッキリと自覚していなくても気持ちが後ろ向きな時は支度が遅くなったり、経路を調べるのに適当になったりと行動に表れがちです。

何か嫌なことがなかったかを振り返ってみると、遅刻や時間が掛かってしまった原因が分かることもあるでしょう。

(2)相手に甘えている

恋人など特定の相手との場合だけ常に時間が守れないという人は、勝手に「相手よりも自分の方が上」という上下関係を決めている場合もあります。「多少遅れても待たせても相手から嫌われることはないだろうから平気」といった甘えの心理があるのです。

(3)パーソナリティが絡んでいることも

時間にルーズなだけでなく、どうしても部屋が片付けられない、忘れ物が多過ぎるなど日常生活全般に不注意がある場合は、背景にその人のパーソナリティそのものが絡んでいることもあります。このような場合は、医療機関など専門家に相談してみるのも良いでしょう。

次ページ:時間にルーズな場合のデメリット

SHARE