お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

時間にルーズな人の特徴6つ。時間が守れない原因と克服方法

小日向るり子

時間にルーズな場合の克服方法

それでは、最後に時間にルーズな状態を改善する方法について、いくつかお伝えしたいと思います。

(1)時間を早めた腕時計を付ける

最近は時計代わりにスマホを利用する人も多いですが、時間にルーズな人は腕時計を付ける習慣をおすすめします。時計を見る機会が増えれば、時間感覚が身に付いていくでしょう。また、腕時計を数分早めておくのも意外と時間を守ることにつながります。

(2)お出かけ必需品をまとめておく

時間にルーズで遅刻が多い人は「出かける時に鍵が見付からなくて」「途中でスマホを忘れたことに気付いて取りに帰った」といったことが多いです。

整理整頓が苦手な人は、せめて、鍵・スマホ・定期券・ハンカチ・マスクなどのお出かけ必需品は常にセットにして、一定の場所に置くように決めておきましょう。

(3)規則正しい生活をする

夜更かしをすれば、その分朝起きることがつらくなり、遅刻につながりやすくなります。アラームをセットしていても無意識に止めてしまう割合が高くなるでしょう。

時間を気にせずダラダラしたい時もあると思いますが、それは予定がない日の前日だけと決めて、メリハリのある生活を心掛けましょう。

(4)親しい人に協力をお願いする

恋人や親友など信頼できる人がいれば、改善の手助けをお願いしても良いでしょう。次に遅刻したら自分がご飯をおごるなど、ペナルティを与えられると気が引き締まるという人は、それもありです。

ただし、いつまでも人に甘えることはないように注意してください。

次ページ:少しずつ改善していこう

SHARE