お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

時間にルーズな人の特徴6つ。時間が守れない原因と克服方法

小日向るり子

友達との待ち合わせに遅刻したり、会社の始業時間を過ぎて到着してしまったり。そんなことがあまりにも続くと、「自分って時間にルーズな性格だなぁ……」と気にしてしまう時もありますよね。今回は、心理カウンセラーの小日向るり子さんに、時間にルーズな人の特徴とそうなる原因、克服方法を教えてもらいました。

時間にルーズなことに悩んでいませんか?

時間にルーズとは、「時間を自主的に管理することができない」という状態です。

つまり仕事や待ち合わせに遅刻するだけでなく、周りの人から何度もモーニングコールを入れてもらっている、電車に間に合わないことが多く家族に車で送ってもらっているなど、他人の手を借りて社会性を保っているような状態も時間にルーズだといえます。

遅刻を何度も繰り返していると、仕事で社会的信用を失う可能性もありますし、最初は笑って許してくれた人も次第に離れていってしまうことにもなりかねませんよね。

今回は、時間にルーズな人の特徴から克服する方法までをお伝えしていきたいと思います。

時間にルーズな人の特徴

まずは時間にルーズな人に見られる特徴や性格を見ていきましょう。

(1)整理整頓が苦手

鍵やスマホを置く場所が決まっておらず毎回出かける前に探す、部屋が散らかっているため持っていく物や着ていく予定の洋服が見付からないなど、整理整頓が苦手で準備に予想以上の時間が掛かり、それが遅刻につながることがあります。

(2)マイペース

マイペースは、他人に左右されにくいなどいい面もありますが、協調性が低いともいえます。

そのため規律を守るタイプの人たちとは相性が良くなく、「大体○時頃に集合」「飽きたら解散」といった緩い時間管理が許される人たちと仲良くしがちです。それにより、時間を守る意識がますます希薄になってしまうことも。

(3)予定をメモしない

予定をスケジュール帳に書く、アプリで管理するといった記録をせずに、記憶しようとする傾向もあります。このタイプは、遅刻するというよりも、集合時間を勘違いしていたり、予定自体を忘れていたりするでしょう。

(4)面倒くさがり

面倒くさがりの人は自宅と会社の往復など普段の移動は問題ないのですが、いつもと異なる待ち合わせ場所に行くとなると遅刻することも多いです。

なぜなら、指定時間内に指定場所に着くためには、時間を逆算して路線検索をするなどの手間が掛かり、ルーズな人はその手間を面倒くさがって避ける傾向があるからです。

このタイプの人は、「特急が止まると思っていたら止まらなかった」「バスが運行していると思い込んでいた」など、他人からすれば「あらかじめ調べればよかったのでは?」と思ってしまうようなことを言う時もあります。

(5)断ることが苦手

本心では行きたくないと思っているのに、断ることが苦手でついOKしてしまう性格の人も時間にルーズになりがちです。

このタイプは、家を出る時間が近付くに従い、おっくうな気持ちが大きくなりやすいため、支度に時間が掛かり、結果、遅刻してしまうことがあるでしょう。ただ、繊細な気質の人が多いので、遅れる場合の連絡はしっかり行う方でしょう。

(6)他人に頼りがち

他人に頼る思考が強い人も時間にルーズになりがちです。電車に間に合いそうになかったら親に送ってもらえばいい、起きられそうになかったら恋人に電話してもらえばいい、といったものがその例です。

次ページ:時間にルーズになる原因

SHARE