お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

色によって意味が変わる「椿の花言葉」

さかもとみき(恋愛コラムニスト)

椿は、古くから人々に愛されてきた日本の代表する花の1つです。花の少ない冬に、雪の中でも、艶やかな赤やピンク、凛とした白の花を咲かせます。そんな椿ですが、色によって花言葉が違うんです。今回は、椿の花言葉を色別にひも解いていきます。

冬を代表する日本の花として多くの人に愛されている椿。さまざまな色や形があり、その種類は数千種に及ぶといわれています。

日本だけでなくヨーロッパでも人気で、「日本の薔薇」と称されるその端正な美しさは、ビロードのように美しいと高く評価されました。

そんな椿ですが、色によって花言葉が持つ意味も違っているんです。

今回は、椿について、色ごとに意味や由来をひも解いていきます。

椿ってどんな花?

椿の原産国は、日本、台湾、朝鮮半島南部、中国とされています。

日本では特に深く愛されてきた花で、平安時代には招福や長寿、吉兆の木とされていました。

また茶道でも、冬から春にかけての代表的な花として茶室に生けられ、愛されてきた花です。

椿の木は常緑高木で、成長すると高さ15メートルにもなり、葉は肉厚で艶のある深緑をしています。その葉と花びらのコントラストが、花の美しさを一層引き立てていますよね。

別名は「ヤブツバキ(藪椿)」「タイトウカ(耐冬花)」

椿の開花期は2月~4月の間で、花持ちは3~7日程度。

別名は「ヤブツバキ(藪椿)」の他に「タイトウカ(耐冬花)」とも呼ばれています。

花の少ない冬、雪の中でも、艶やかな赤やピンク、凛とした白の花を咲かせますが、実は珍しい黄色い椿なんかもあるんです。

19世紀ヨーロッパの社交界で大流行

英名で「カメリア」と呼ばれる椿は、18世紀ごろヨーロッパに伝わり、東洋的な気品と美しさを持つ花として「日本の薔薇」という賛辞が捧げられました。

そして19世紀ヨーロッパの社交界で一大ブームとなり、アレクサンドル・デュマ・フィスによる小説『椿姫』が生まれました。

当時の社交界では、女性が胸に椿の花をつけるのが大流行したそうです。

お見舞いに贈るのは避ける

冬には重宝され、花が散った様子さえ絵になる椿。

華やかで凛とした印象があり、プレゼントとして贈りやすい花ではあります。

ですが、花の落ち方が、「首から落ちる」ことを連想させるため、お見舞いの花として贈るのは避けた方が無難でしょう。

次ページ:色別にひも解く椿の花言葉

SHARE