お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

彼氏がキスしたくなる7つの瞬間。上手なキスのねだり方とNGタイミング

ウイケンタ(コラムニスト)

彼氏がいれば、愛情表現としてキスしたいと思うのは自然なこと。でも、無理に迫るなどして嫌がられるのは避けたいですよね。そこで今回は、コラムニストのウイケンタさんに「男性がキスしたくなる瞬間と心理」を伺いました。キスをねだる方法や注意したいタイミングも解説します。

恋愛コラムを書いている職業柄、さまざまな恋愛に関する悩み相談をいただきます。

中には「え? そんな悩みもあるんだ……」という、初めは理解できないものも正直ありました。

そんな中でも定期的にいただく悩みが「彼氏とキスができない」というものです。最初は「何だそりゃ……」と思っていたのですが、詳しい話を聞いたり、彼氏の方にも話を聞いてみると、その悩みの深さや、彼氏が感じている不満を知ることができました。

そんな経験を踏まえて、今回はキスにまつわる男性の本音について書かせていただきます。

男性がキスしたくなる瞬間と心理

まずは男性が恋人にキスをしたくなる瞬間と心理を解説していきます。いつ、どんなシチュエーションでキスをしたくなるのか。具体的に挙げていきます。

(1)かわいくてしょうがないと思った

これが大定番。付き合っている恋人をかわいいと感じれば、その感情をキスで表現するのは当然でしょう。

(2)良い香りがした

男性にとって、女性特有の良い香りがあります。例えば、髪の毛などからふわっと漂う甘い香りです。

その香りを遠慮なく近くで嗅げるのは恋人の特権。香る髪の毛や首筋に近付いたタイミングでキスをする男性もいます。こうやって書くと「近付いたついでにキス」みたいになってしまうかもしれませんが、決してそんなつもりはなく、香りに誘発されているのです。

(3)泣いている姿が愛しくなった

泣いている時に優しくキスされた経験がある人、いませんか? これは賛否両論あるのですが、泣いているその姿に愛しさを感じる男性もいるのです。

2人の関係性によっては「意味不明のタイミングでキスしようとしてこないで」と怒られることもありますけどね。

(4)嫉妬した

何かしらで他の男性に嫉妬した時、独占欲を満たすために彼女にキスをする男性もいます。これを彼女がかわいいと思えるか幼稚だと感じるかは相性の問題でしょう。

(5)2人きりになった

会社のエレベーターの中や休憩室、帰り道の路地など、偶然2人きりになるタイミングで突然キスされたことがある人もいると思います。

これは愛情表現の場合もありますが、2人で秘密を共有することで仲を深めるという意味や、非日常感やスリルを味わうためということも。ただし、誰かに見つかってトラブルになる可能性もあるため、注意が必要です。

(6)唇がつやつやしているのを見た

よくリップのキャチコピーにも「キス」というワードは多用されがちですが、彼女の唇がつやつやしているとそそられ、キスしたくなる男性もいるものです。

(7)デートの別れ際

楽しいデートの別れ際、寂しさや名残惜しさからキスしたくなるケースもあります。本当はキスをしたいけど、駅の改札は人の目があるし、じゃあせめてハグをしようかな……などと、何かと葛藤していることもあります。

次ページ:彼氏がグッとくるキスのねだり方

SHARE