お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【心理学】失恋の立ち直り方。辛い気持ちを手放す簡単5ステップ

秋カヲリ

失恋をしたら、辛くてなかなか立ち直ることができませんよね。振られた時のことを思い出して、このままずっと気持ちを引きずってしまうのか……と悩んでいる人に、試してほしいことがあると心理カウンセラーの秋カヲリさんは言います。失恋から立ち直る5ステップとは一体どういったものなのでしょうか?

失恋するとなかなか立ち直れませんよね。ずっと片思いしていた相手に振られた場合や、相手が職場にいたりすると辛い気持ちを引きずりがちです。

20代でも失恋は辛いものですが、年齢を重ねて30代になるとさらに失恋から立ち直りにくくなります。

どうすれば失恋から立ち直り、新しい恋愛をスタートできるのでしょうか? 心理学を踏まえて失恋を引きずってしまう理由や、失恋からの立ち直り方を解説します。

失恋をしたらなぜ気持ちを引きずってしまうのか

そもそも失恋をしたら気持ちを引きずってしまうのはなぜなのでしょうか? なかなか立ち直れない心理的要因を解説します。

(1)喪失感が大きいから

恋愛は心のエネルギーになります。日常的に相手とたくさん会っていたり、恋人関係が長く続いていたりすると、それだけ失恋後の喪失感が大きくなるものです。自分の心にぽっかり穴が空いたようで、寂しく感じるでしょう。

ふとした瞬間に相手のことを思い出しては、戻らない日常を恋しく思って辛くなります

(2)元恋人に執着しているから

「彼じゃなきゃダメなのに」「あの人が一番の相手だったのに」「もうあんな人には出会えない」と失恋相手に執着していると、心理的に依存している状態になり、なかなか失恋のショックから抜け出せません。唯一無二の存在だと思い込まないようにしてください

(3)相手にまだ未練があるから

「またアタックすればOKをもらえるんじゃないか」「もしかしたらよりを戻せるんじゃないか」と未練を抱いている限り失恋を受け入れられないので、諦められません。もしかしたら……と希望的観測ばかりしてしまい、気持ちを切り替えられないでしょう。

(4)失恋相手とよく会うから

職場に元恋人や片思い相手がいるなど、失恋相手とよく会う場合は見るたびに恋愛感情を思い返してしまい、立ち直りにくくなります。感情が整理できるまではできる限り距離を置いて、自分の気持ちと向き合う期間を設けたほうが良いでしょう。

次ページ:失恋の辛い気持ちを抱えたままだと何が起こる?

SHARE