お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

要注意。「運気を下げる部屋」の特徴5つ

TO-RU(開運コンサルタント)

運気が下がる部屋の特徴とは? 今回は、オネエ占い師のTO-RUさんに解説してもらいました。

運気を下げる原因って色々あるけど、一番は住まいの環境が整っていないということかしら。とにかく、運の神様は整理整頓された、清潔で美しい場所をお好みと覚えておくのよ!

今回は、オネエ占い師TO-RUが「運気を下げる部屋の特徴」を解説していくわね。

無理してない? 頑張り屋度診断

(1)玄関が汚い

開運の王道「風水」では、玄関が気の出入り口と言われていて、どんなにお部屋内部を整理整頓していても、玄関が汚かったたらなんの意味もないのよ!

またそれと同時に邪気も運んでくる入り口でもあるから、盛り塩やパワーストーンを置いたりして浄化しておく必要があるわね。

(2)ゴミ箱が溜まっている

お部屋のゴミ箱が溜まっているのも厳禁!

汚れ物、不要なもの、いらなくなったものを置いておくだけで、マイナスの波長が部屋中に漂い、それだけで運気が下がっちゃうの。

特に腐りやすく、匂いの出やすい生ゴミなんかは、こまめに捨てるように心がけて。嫌な匂いは邪気を引き寄せる可能性も高いので溜め込んじゃ絶対にダメ。結婚運はキッチン次第で決まるので、婚活女子は抜かりなく清潔にピカピカにしておくのよ。

(3)便器の蓋があいている

トイレは昔、「ご不浄」と言われていたように、邪気が溜まりやすい場所なの。ましてや便器の中のお水は汚水と考えられるので、なお一層邪気を呼び込みやすいの。

またトイレに長居は禁物。リラックスするなんていう人もいるけど、用が済んだらさっさっと退出することね。

(4)遮光カーテンを利用している

人間には体内時計というものがあって、そのリズムが狂うと運気もあっという間に下がっちゃうの。

確かに夜型の人には遮光カーテンは重宝するかもしれないけど、朝晩の感覚がなくなり体調も崩しがちに。

運気をあげたいなら、早寝早起きが基本。朝、陽の光を全身で浴び、日々健康的な生活を送ることで、生活リズムが整い開運の女神様も微笑むはずよ!

(5)枯れたお花や観葉植物がある

お花や観葉植物の「生の気」を使って、運気アップを心がけるのは風水的にもめちゃくちゃおすすめよ。

ただし枯れたお花のアレンジ、植木、観葉植物を飾っておくのは逆に運気を下げてしまう結果に。

こまめにお花の水切りをしたり、枯れた葉を除いたりすることで、植物たちが生き生きと「生の気」を吹き返し、あなたの運気アップを強力にサポートしてくれるはずよ。

手っ取り早く「運気」をあげたいなら

1にお掃除、2にお掃除。お部屋を居心地の良い環境に整えておくことよ。ちょうど年末だし、大掃除は気合いを入れて頑張るのよ。

あまり得意じゃないというなら、今はお安くプロにお願いすることもできるのでおすすめ。来年の運気アップ目指しましょ。

(TO-RU)

※画像はイメージです

関連する診断をチェック!

月曜日が怖い。あなたのサザエさん症候群度診断

周りからどう思われてる? めんどうな人度診断

あなたは強い人? ハングリー精神診断

 

※この記事は2020年12月27日に公開されたものです

TO-RU(開運コンサルタント)

恋に仕事に迷う2040代の女性のために占い、風水、ヒーリングetc.を駆使してサポートやアドバイス。開運コンサルタントとして活動中。

「王様のブランチ」「ナカイの窓」「ありえへん世界」などメデイア出演多数。著書に婚活本『アンタたち一生このままひとりでいいの!』(Gakken)。

この著者の記事一覧 

SHARE