お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

目指すは世界! TGC初出演「JO1」インタビュー

#私たちの推しメン

ameri

毎日生きるのに一生懸命な私たちを癒やしてくれるのは、大好きなあの芸能人。マイナビウーマン編集部・ライターが今気になる「推しメン」にスポットライトを当ててインタビュー。彼らのかっこいい姿を写真と共にお届けします。

取材:Eri/はたらくmuse
文:ameri
撮影:前田立
編集:高橋千里/マイナビウーマン編集部

オーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN』の合格者11人で結成されたグローバル男性アイドルグループ・JO1が、2020年9月5日に開催されたマイナビ TGC 2020 A/Wに登場!

初めてのTGCランウェイとパフォーマンスを控えたJO1を、マイナビウーマン読者アンバサダー「はたらくmuse」のEriさんが直撃取材。人気絶頂中の彼らの魅力に迫ります!

JO1を少しでも多くの人に知ってもらいたい

初めてのTGCを迎えていかがですか?
ランウェイを歩くだけではなく、僕たちのパフォーマンスもさせていただけてとてもうれしいです! これからもこういった機会を増やして、僕たちJO1のことをより知ってもらいたいですね。
今回は、新型コロナウイルスの影響で無観客での開催となりました。お客さんがいない中でのパフォーマンスを控えて、どのような気持ちでしょうか?

今年の3月くらいから感染が拡大し始めたので、実はJAM(JO1のファンネーム)の皆さんの前でパフォーマンスできたのは、2019年のJO1デビュー前のファンミーティングだけなんです。

寂しさはありますが、無観客開催の中でもベストなパフォーマンスを披露して、少しでもJO1を知ってもらえたらいいなと思っています。

秋冬ファッションはルイ・ヴィトンに注目

ファッションフェスタにちなんで、普段のファッションのこだわりや、これからの季節に注目しているファッションを教えてください!

普段はダンスの練習をしていることが多いので、練習着をよく着ています。よく愛用しているブランドはナイキですね。

秋冬で注目しているのは、ルイ・ヴィトンです。セカンドシングル『STARGAZER』の初回限定盤ジャケットで、2020秋冬メンズプレコレクションのアイテムを着させてもらったのがとてもかわいかったので。

メンバーの中でファッショニスタを選ぶなら誰ですか?
景瑚と翔也ですね。

これからも11人で仲良く活動していきたい

先ほどお話に出てきた、セカンドシングル『STARGAZER』はどのような楽曲ですか?

直訳すると「星を眺める人」という意味を持つ1枚です。星や夢、その先の未来を見据えて、僕たちと一緒に走って行こうという強いメッセージが込められた楽曲になっています。

新型コロナウイルス感染症が拡大している大変な状況なので、僕たちも思うように活動ができず大変なこともあり……。だけどできることを精一杯やったので、その熱量も感じてもらえたらと思っています。

ファーストシングルに続き、セカンドシングルでもオリコン週間1位を獲得されましたよね!
そうなんです。ありがとうございます! 2作連続で1位を獲得できたのも、応援してくれているJAMの皆さんのおかげです。もっと皆さんを幸せにできるように、これからも11人で仲良く、協力して頑張っていけたらなと思ってます。
最後に、グループとしての今後の目標を教えてください!
僕たちJO1は、ゆくゆくは世界を目標にしています。まだレベル的に足りませんが、今後はダンスや歌、気持ちの面でも成長して、日本を代表するアーティストとして活躍していきたいと思っています!

ここが推せる! 推しポイントを勝手にプレゼン

はたらくmuse・Eriの「JO1」推しポイント

推しポイントはズバリ“成長スピード”です。JO1のメンバーをデビュー前から見ていた国プとしては日々の成長に驚くばかり。結成前はダンスや歌が初心者のメンバーもいましたが、短期間でここまで実力が伸びているのを見ると胸がいっぱいになります。

今回の取材では、撮影中は真剣な表情を見せつつも、合間にはメンバー同士でじゃれあうなどかわいらしい一面も垣間見ることができました。今後も仲良く高め合いながら世界に羽ばたいてほしいです!

※国プ:「国民プロデューサー」の略。『PRODUCE 101 JAPAN』に出演している練習生を応援するファンのこと

ameri

2016年より執筆をはじめ、主に美容・恋愛・ウエディングについて書いています。美容とコーヒーとチョコレートをこよなく愛するフリーライター。コスメと触れ合うこと、旅行、カフェ巡りが趣味です。百貨店のコスメフロアによく出没する特徴あり。

この著者の記事一覧 

BACKNUMBER 「#私たちの推しメン」をもっと見る

MORE

SHARE