お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

逆身長差カップルのメリットは? 心理カウンセラーが解説

浅野寿和(心理カウンセラー)

逆身長差カップルがうまくいくコツ

では、逆身長差のある2人がうまく付き合っていくには、どのようなことに気を付ければ良いのでしょうか? 最後にコツを紹介します。

(1)自分の身長を気にせず、相手を信頼する

逆身長差があると「自分の背が大きいから……」と気にして、悩んでしまう時もあると思います。ですが、前述の通り、男性は意外に女性の背の高さを気にしていなかったり、外見よりも内面と向き合っているケースも多いはずです。

自分の気になる部分で悩み過ぎるのではなく、相手を信頼して、全てを受け入れて愛してくれているという意識を持ちましょう。

(2)過剰に人の目を気にしない

2人がどんなカップルであるかを、一般的な視点だけで判断しないことも大切です。

見た目の身長うんぬんではなく、2人がお互いを尊重し、愛し合えている以上に素晴らしいことはありません。過剰に人の目を気にせず、お互いを思い合う気持ちを大事にしていれば大丈夫です。

(3)身長を気にしていたら笑顔で受け止める

もし、相手が自分の身長を気にしていたら、「私は気にしないよ」と伝えるのも良いですが、まずは笑顔で受け止めてあげてください。

身長を気にする理由は「相手のことを考えているから」でしょう。だから、「気にしてくれてありがとう」といった意識を持って笑顔で接すると、より親密感が増します。スキンシップを増やすのもおすすめです。

(4)相手の良さを伝え合う

見た目ではなく、お互いの内面を認めて伝え合うのも、うまく付き合っていくコツです。特に目を見て相手の良さを伝えると、より心と心でつながれますよ。

これが2人の「絆」になっていくはずです。

愛し合っていればうまくいく可能性大

逆身長差カップルの場合、身長など気にしている部分を相手に愛してもらうことで、自分に自信も付くでしょう。

自分から相手を受け入れ、愛そうという意識を持って接すれば、きっとお互いに「支え合えている」という感覚になり、尊重し合える関係や信頼関係が築けると思いますよ。

(浅野寿和)

※画像はイメージです

※この記事は2020年11月27日に公開されたものです

浅野寿和(心理カウンセラー)

カウンセリングサービス所属・心理カウンセラー・講師

20代に苦難を心理学で乗り越えた経験から、カウンセラーとなった。恋愛・夫婦問題、男性心理分析、家族・職場などの対人関係、自分らしさを取り戻すなどジャンルに多数の実績を持つ。年間400件以上の面談カウンセリングを行う現場主義の実践派。行政の自作対策事業にかかるカウンセリングや外部ビジネスセミナー講師も担当。口癖は「どんなことにも事情があるよね」。ちょっとだけ予約の取りにくい人気カウンセラー。

名古屋を活動のベースに、東京・大阪・福岡&オンライン上で活動中。

心理カウンセラー浅野寿和オフィシャルサイト:https://asanohisao.jp

この著者の記事一覧 

SHARE