お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「エゴサ」の意味とは? 語源や使い方を解説【ネットスラング大辞典】

落合正和(WEBメディア評論家・マーケティングコンサルタント)

「エゴサ」や「エゴサーチ」という言葉を耳にしたことはありますか? こういった、SNSや電子掲示板などで発生し、使用される俗語を「ネットスラング」と言います。その言葉の意味や元ネタを調べると、思い掛けない発見があるかもしれません。今回はWebメディア評論家の落合正和さんに「エゴサ」について解説してもらいました。

インターネットで利用される「ネットスラング」とは、SNSや電子掲示板などで発生し、使用される俗語のことです。

ネットスラングの中には、インターネットを飛び出して口語として利用されるようになるものもあります。

今回は、SNSなどで多く見かける「エゴサ」の意味を紹介していきます。

「エゴサ」の意味や誤用事例

「エゴサ」は、SNSや掲示板サイトなどインターネット上で発祥した言語表現、「ネットスラング(ネット用語)」の一つです。

テレビやSNSなどでも頻繁に耳にする言葉で、多くの人に浸透していますが、間違って使われているケースも多いようです。まずはその意味についてお伝えしていきましょう。

意味は「自らの評価、評判をチェックする行為」

「エゴサ」とは「エゴサーチ」の略語であり、検索エンジンやSNSなどを使用し、自分の名前や芸名、ハンドルネームなどを検索することで、自らの評価、評判をチェックする行為のことを言います。

同様に企業や商店などが自社の名前や店名、商品名などで検索する行為も「エゴサ」「エゴサーチ」と呼ばれています。

「自分で検索すること」は「エゴサ」ではない

最近では「エゴサ」が本来の意味と異なり、誤用されているケースも多々見られます。

「グラタンのレシピをエゴサしてみた」といったように、

「エゴサ=自分で検索すること」

という誤った認識での使用例を、SNSなどでかなり頻繁に見かけます。

「エゴサ」とは、自分で検索することではなく、インターネット上で自分や自分に関連する物事について検索し、その評価、評判を確認することを表します。

これは、次の語源を知ることでより理解しやすくなるはずです。

次ページ:「エゴサ」の語源とは?

SHARE