お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「微レ存」とは。意味・読み方・元ネタ・使い方を解説【ネットスラング大辞典】

ネットスラング

高橋暁子(ITジャーナリスト)

「微レ存」という言葉を耳にしたことはありますか? こういった、SNSや電子掲示板などで発生し、使用される俗語を「ネットスラング」と言います。その言葉の意味や読み方、元ネタを調べると思い掛けない発見があるかもしれません。今回はITリテラシーガイドの高橋暁子さんに「微レ存」について解説してもらいました。

インターネットで利用されるスラング、「ネットスラング」。SNSや電子掲示板などで発生し、使用される俗語のことだ。

ネットスラングの中には、インターネットを飛び出して口語として利用されるようになるものもある。今回は、ネットからリアルの場でも使われるようになった「微レ存」の意味を見ていこう。

「微レ存」の読み方と意味・類義語

「微レ存」とは、低い確率だが「無いわけではない」ことを表現した言葉である。読み方は「びれぞん」。あるいは由来にあわせて「びれそん」と読むこともある。

意味

微レ存とは「非常に低い確率だがゼロでは無い」という意味だが、ほぼネタ的に使われるため、実際には可能性の高い低いはあまり関係なく使用される。主に、「○○な可能性が微レ存」といったふうに使われることが多い。

類義語

ごくわずか、ほんの少し、もしかして、ワンチャン、期待薄。

次ページ:「微レ存」の元ネタや語源

SHARE