お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「草」とは? 意味や語源・使い方を解説【ネットスラング大辞典】

落合正和(WEBメディア評論家・マーケティングコンサルタント)

「草」という言葉を耳にしたことはありますか? こういった、SNSや電子掲示板などで発生し、使用される俗語を「ネットスラング」と言います。その言葉の意味や元ネタを調べると、思い掛けない発見があるかもしれません。今回はWebメディア評論家の落合正和さんに「草」について解説してもらいました。

インターネットで利用される「ネットスラング」とは、SNSや電子掲示板などで発生し、使用される俗語のことです。

ネットスラングの中には、インターネットを飛び出して口語として利用されるようになるものもあります。

今回は、SNSなどで多く見かける、「草」の意味を紹介していきます。

「草」の意味や類語

「草(くさ)」は、SNSや掲示板サイトなどインターネット上で発祥した言語表現、「ネットスラング(ネット用語)」の一つです。

さまざまに存在するネットスラングの中でも、特に浸透している言葉であり、SNSなどでも頻繁に使用されている様子をうかがうことができます。

意味

「草」は、「笑い」や「面白い」という意味を表現する用語です。

単体で「草」と使われることもありますし、「草生える」と表現されることもあります。

笑いや面白さの度合いが大きな場合、「大草原不可避」、「竹生える」、「森生える」と拡大された表現が使われることもあります。

現在ではインターネット上に限らず、若い世代を中心に会話の中で使用されるケースも増えてきました。

ネットスラングと知らずに使用する人もいるほどで、若者に限ればかなり浸透している言葉、表現であると言えるでしょう。

類語

同様の意味を表すネットスラングとして、以下のような表現も使われています。

・「w」
・「笑」
・「藁」
・「爆」
・「ワロス」
・「ワロタ」
・「ワロリンヌ」

ちなみに、海外でも同じようなネットスラングが存在しています。

・英語圏:「LOL」
・フランス語圏:「MDR」
・中国語:「哈哈哈」、「233」

上記のような言葉が、「笑い」や「面白い」という意味で表現されています。

次ページ:「草」の語源とは?

SHARE