お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

自己肯定感が低い人の恋愛傾向とは? 特徴や恋愛がうまくいくコツ5つ

藤本シゲユキ(リアライフカウンセラー)

自己肯定感とは、自分を肯定する能力のこと。自己肯定感が低いことと恋愛がうまく行かないことに関係性はあるのでしょうか? 今回は、自己肯定感の高め方にまつわる書籍も出版している藤本シゲユキさんに、自己肯定感が低い人の特徴や恋愛傾向、良い恋愛をするコツを教えてもらいました。

「自己肯定感」という言葉を、書店や新聞、テレビやラジオで見聞きしたことがあるという人も多いのではないでしょうか。

しかし、この言葉の意味や、自己肯定感の低さが恋愛に及ぼす影響がどれほどのものなのかは、まだまだ知らない人の方が多いかもしれませんね。

今回は、そんな自己肯定感と恋愛の関係性について紹介します。

そもそも「自己肯定感」とは何か

端的に説明すると、自分を肯定する能力が「自己肯定感」になります。

一般的に、「良い自分も悪い自分も受け入れている人は自己肯定感が高い」と言われています。

受け入れるということは、「自分の良いところも悪いところも自覚している」ということなんです。

例えば僕で言うと、仕事などで自分の良さを発揮できた時は、「俺って最高だな」と思います。

逆に悪い部分で言うと、僕はしゃれにならないぐらいの方向音痴なのですが、自分でそれを自覚しているし、直そうとしても直らなかったので、初めて行く場所には「道に迷う前提」で早めに行動しています。

それを踏まえた上で、「これが自分だしなあ」と思っているのが、自己肯定感が高い人になります。

つまり、自分のことをよく知っている人ほど、自己肯定感が高い人になるんですよね。

次ページ:自己肯定感が低い人の特徴とは?

SHARE