お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

脈ナシっぽいのは分かってる。それでも諦められない時の迷い方

#迷いの森の私たち

浅田悠介(浅田さん@令和の魔法使い)

恋の悩みは尽きませんよね。まるで光のない森の中をさまよっているようで。この連載では、恋愛コラムニスト・浅田さんが「解決方法」ではなく「美しく迷う方法」を提案します。

恋の悩みは永遠ですよね。

「どこにも答えはない」
「どうすべきかは分かるけど、それができない」

暗い森の中をあてもなくさまよっているようだと思いませんか。

このコラムは、そんな貴女に「解決法」をお伝えする──ことはしません。周りのアドバイスで変わるくらいなら、既に迷いの森から脱出できているでしょうから。

その代わりに「美しく迷う方法」を提案しようと思うのです。

たとえ正解のない恋に悩まされていたとしても、美しく迷うことならできそうじゃありませんか。そこで発見することもあると思うのです。

どうせ迷うなら、光の方に迷ってみませんか?

本日の迷いの森

「好きな人がいます。多分脈ナシっぽいのは分かってる。でも、諦められない……」

いわゆる片思いですよね。

貴女には好きな人がいるけれど、どうやらムリそうな気もしている。

・LINEの返信を待ってばかり
・デートに誘っても断られる
・一度告白したけど拒絶された
・他に好きな人がいるらしい
・地味に避けられたりもする

友人たちは「やめなよ」「諦めたら?」と言ってくるでしょう。

しかし、恋心は叱りつけても追い出すことができません。諦めることができたら楽なのは貴女が一番分かっているのですよね。それができないつらさがあるというのに。

むしろ「誰も分かってくれないんだな……」と孤独を感じる瞬間もあるかもしれません。

人生って、どうしてこうも欲しいものが手に入らないんでしょうね。好きな人と結ばれるのって、どうしてこうも難しいんでしょう。いつまでも迷いの森を歩くばかりです。

この森に迷いがちな女性のタイプ

ズバリ言うと「一途な恋をしがちな女性」になります。

もちろん、ほとんどの女性が一途ではあります。とはいえ「好きになったら、その人しか目に入らない」という突進タイプほど、この森に迷いやすいのですね。

他にも、仕事や趣味でも一つのことに対して集中力のある人だったり、ロマンチストだったり、恋愛経験が少ないから他の男性に動けないという人もいるでしょう。

誰よりもピュアであるといえるかもしれません。

このタイプの女性は迷いの森に入ると、周りの声も聞こえずに、その突進力のまま進んでしまうことが多々あります。どんどん好きになってしまうのですね。

そして報われないと気付いた時でも、費やした時間やエネルギーの分だけ、引き返すことが怖くなる──そのまま何年も悩み続けたりするわけです。

迷いの森の美しい歩き方

始めにお伝えした通り、その恋を諦めるべきなんてアドバイスはしません。その代わりに、より美しく迷う方法を提案させてください。

その森の中で「自分磨きをしながら迷う」というのはいかがでしょう?

迷いの森の中で自分磨きをするのです。ダイヤモンドを研磨して、より光らせるように。そもそも恋に悩んでいるからといって、自分磨きを怠っていいことにはならないじゃないですか。

何もメイクや、髪型や、ファッションだけが自分磨きではありません。もっと広く捉えた方が面白いかもしれませんよ。この世には学ぶべきことがたくさんありますから。趣味、勉強、資格取得、仕事、副業、ヨガ、ウォーキングレッスン──何だってアリのはずです。

これは「もっと自分を魅力的にする」ということなのですよ。

恋愛とはまた別に、貴女には「もっと魅力的な自分になれる」という可能性があるはずです。どうか、恋に迷っていることを、何もしないことの言い訳にしないでください。

その恋が大事なものであるならなおさら。貴女の人生をくすませる言い訳にするのでなく、貴女の人生を輝かせる原動力にしないといけないのだと思います──思ってみましょうよ。

どうか、顔を上げて、いろんな世界を見てください。

自分磨きをする中で、思いがけない出会いもあるでしょう。新しい自分に気付くかもしれません。

そして、もちろん、貴女が魅力的になったあかつきには──魅力的になるとはそういうことなのです──片思いの彼との未来があるかもしれません。

そう考えると頑張れる気がしませんか?

迷いの森の奥に、ちらりとでも光が覗いたなら幸いです。美しく迷ってくださいませ。

(文:浅田さん@令和の魔法使い、イラスト:はヤせ あヤき)

浅田悠介(浅田さん@令和の魔法使い)

マジシャン&ライター&催眠心理療法士

心理、恋愛、コミュニケーション系を得意とする。多数執筆。なかでもDRESSの連載「読むだけでモテる恋愛小説・わたしは愛される実験をはじめた。」が多くのファンを集めている。

Twitterにて恋愛論やテクニックを発信中。
Twitter:@ASD_ELEGANT

この著者の記事一覧 

SHARE