お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

好きな人ができない。恋の仕方を忘れてしまった時の迷い方

#迷いの森の私たち

浅田悠介(浅田さん@令和の魔法使い)

恋の悩みは尽きませんよね。まるで光のない森の中をさまよっているようで。この連載では、恋愛コラムニスト・浅田さんが「解決方法」ではなく「美しく迷う方法」を提案します。

恋の悩みは永遠ですよね。

「どこにも答えはない」
「どうすべきかは分かるけど、それができない」

暗い森の中をあてもなくさまよっているようだと思いませんか。

このコラムは、そんな貴女に「解決法」をお伝えする――ことはしません。周りのアドバイスで変わるくらいなら、既に迷いの森から脱出できているでしょうから。

その代わりに「美しく迷う方法」を提案しようと思うのです。

たとえ正解のない恋に悩まされていたとしても、美しく迷うことならできそうじゃありませんか。そこで発見できることもあると思うのです。

どうせ恋に迷うなら、光の方に迷ってみませんか?

本日の迷いの森

「好きな人ができない。すごく恋したいのに。自分が不完全な人間に思えてしまう……」

こういう種類の悩みもあるものですよね。

恋をしたい気持ちはあるのに、いまいち好きな人ができないのですね。もしかすると、貴女はこれから恋を始めようという年齢なのかもしれません。あるいは、幾度か恋を経験したものの、いつのまにか恋の仕方を忘れてしまったのかもしれません。

正直、焦りますよね。周りは恋を謳歌しているというのに。

社会に「恋をしなさい!」「恋をして一人前だよ!」と、攻め立てられているように感じる時もあるでしょう。また、自分が悪いのかと罪悪感すら抱くかもしれません。このように、本人にとっては大きな悩みですよね。

「そのうち好きな人が現れるんじゃないの?」

「選り好みし過ぎじゃない?」

「街コンとか行ってみたら?」

いろんなアドバイスを受けることでしょう。しかし、ピンとこなかったりもするのですよね。「たんに出会いの場所を増やせばいいということなのかな……」なんて。そういうことでもない気がするんだけどと思いつつ、どうすればいいのかは分からないまま。

どうして誰かを好きになって、恋をかなえることが、こうも難しいのでしょうか。ただ他の人と同じように恋をしたいだけなのに。いつまでも迷いの森を歩くばかりです。

この森に迷いがちな女性のタイプ

ズバリ言うと「考え過ぎな女性」になります。

当たり前の話ですが、どんな女性にも考え過ぎる瞬間はあるものです。

とはいえ、その傾向が強い女性ほど、この森に迷いやすくなるのですね。考えずに突っ走った方がいい時に、つい考え過ぎて身動きがとれなくなってしまうから。逆に言えば「感情のままに生きる(ことを自分に許す)」のが苦手な女性だとも言えるでしょう。

ご存知のように、恋愛とは、「好き」という感情のことですから。

もちろん感情のままに突っ走るのも怖いものがあります。それが原因で起こるトラブルもあるでしょう。しかし、理性のセーブが強過ぎて(考え過ぎて)自分の気持ちをオープンにできない、というのももったいないと思うのです。

このタイプの女性は迷いの森に入ると、そのまま動けなくなりがちです。一度立ち止まると、つまずいてしまう。あれこれ考えはしても、いまいち飛び出せないまま、ついその場に立ち止まってしまいます。

そして日々を過ごしながら、周りの恋人たちを見て、「ああ、どうして私だけ恋ができないのだろう――」と、ため息をつきながら迷いの森を進むことになるのです。

迷いの森の美しい歩き方

初めにお伝えした通り、どうこうすべきだなんてアドバイスはしません。

恋をするタイミングなんて人それぞれだと思うから。極論、私たちはいつ何時も恋をしないといけないわけではありません。

ここでは、その代わりに、より美しく迷う方法を提案させてください。

その森の中で「男友達を増やす」というのはいかがでしょう?

確かに、貴女は恋をできない状態なのかもしれません。人生には、そういう心の状態の時もあると思うのです。それは全く否定しません。

とはいえ、それは「男性と関わってはいけない」ということではないと思うのです。

恋愛関係以外の関係はありますから――友人としてなど。この星の人口の半分は異性ですから、ざっと友人候補が倍になると考えると楽しくはなりませんか。

大事なのは焦らないことです。間違っても、男性のことを「恋愛候補としてアリかナシか?」「好きになれそうか?」という目線だけで見ないようにしましょう。まずは、いったん。

たんに会話をして、相手の興味深いところを見つけたら質問をして、気が向いたら連絡をして、気が向かなかったら連絡をしなくて――くらいのものです。同性の友人と何も変わりません。肩の力を抜いていきましょう。

友達が増えたらうれしいですよね。それくらいの感じですよ。

迷いの森の奥に、ちらりとでも光がのぞいたなら幸いです。美しく迷ってくださいませ。

(文:浅田さん@令和の魔法使い、イラスト:はヤせあヤき)

浅田悠介(浅田さん@令和の魔法使い)

マジシャン&ライター&催眠心理療法士

心理、恋愛、コミュニケーション系を得意とする。多数執筆。なかでもDRESSの連載「読むだけでモテる恋愛小説・わたしは愛される実験をはじめた。」が多くのファンを集めている。

Twitterにて恋愛論やテクニックを発信中。
Twitter:@ASD_ELEGANT

この著者の記事一覧 

SHARE