お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「結婚したら幸せな相手」と「本能で惹かれる相手」で揺れる女の葛藤

#バチェロレッテ考察

やまとなでし子

恋愛・婚活コラムニストのやまとなでし子さんが、2020年10月からAmazon Prime Videoで配信がスタートした『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン1を毎週ガチ考察&展開予想! 初代バチェロレッテ・福田萌子さんが最後に選ぶ男性は一体誰? 女性が結婚相手を選ぶ際に重視するべきポイントと併せて解説します。

※このコラムには『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン1 エピソード5〜6のネタバレが含まれます。

今回は2つのエピソードが同時配信でしたが、また熱い場面が多すぎました。書きたいことが多すぎて正直書ききれません……。

そんな見どころいっぱいの今話ですが、ぎゅっとまとめていきます!

シリーズ初の“ストールンローズ”登場

今回新しく登場した紫色の“ストールンローズ”。

そのローズを使用した人は他者のデートに乱入することができ、萌子さんにローズを受け取ってもらえればデートの権利を略奪。拒否されればその場で脱落という、ハイリスク・ハイリターンな代物です。

それを使うことができるのはただ1人。その話し合いがまた熱かった。道産子のマラカイさん、スーツテイラーの牧野さん、そしてジェネリック山P・榿澤さんの3人。

マラカイさんの説教がまぁ熱い!

スーツ「僕はスーツの素晴らしさを広めたい」→「自分のために来たの?」
ジェネ山「俺は参加した覚悟が違う」→「何を根拠に?」

と、視聴者も感じていたド正論棍棒をぶちかまし、ぐうの音も出なくなったスーツテイラー牧野さんは「あれ? 画面フリーズした?」と再生ボタンを確認してしまうほど地蔵になってしまいました。

目の瞬きで牧野さんの生存を確認しつつ、結果マラカイさんは萌子さんへの熱い気持ちを視聴者に感じさせながらも、一度もまともにデートできていない榿澤さんへローズを譲ったのでした。かっこよすぎる。

愛する女性を奪いに、まさかのスウェットで登場

ラテンの貴公子・ローズさんから萌子さんを奪うべく、2人のクルージングデートに乱入することになった榿澤さん。

愛する女性を奪いに行くのだからキメキメのスーツ姿かと思いきや、なぜかラフなスウェット姿で登場。

もしや出港後のクルーズ船に泳いで向かうために脱ぎやすい服にしたのか? とも考えたものの、出港前にばっちり間に合っていました。

結果、バラは受け取ってもらえませんでしたが、「ここで帰れません!」「お願いします!」と何度も泣きながら食い下がる姿は、切なすぎて涙なしに見ることができませんでした。

しかも萌子さんとローズさんがジャケットでキメキメな分、近所のコンビニにストゼロでも買いに来たかのようなファッションが貴族と平民かのような世界観の隔たりを感じさせ、より切なさをあおるのです。

でも、なりふり構わず気持ちを伝える姿はめちゃくちゃにかっこよかった。

にしても、今回のバチェロレッテスタッフ、ちょっと榿澤さんをイジってますよね? カラオケで流れるチープな映像のような謎カットがちょいちょい挟まれて、笑かしにきていたような……。

榿澤さんが「なぜここまで自分を残したのか」を萌子さんに聞いていましたが、おそらく落とす優先度が高い人を順番に脱落させていった中で、たまたま人数合わせで残っただけ。

切られるのは時間の問題だけれど、まだ脱落の順番に至っていなかったという「バチェロレッテシステムの被害者」であったように思います。ノッキー、感動をありがとう。

「あ、この人落とそ……」と思った瞬間、表情筋が死ぬ萌子

皆さんもお気付きかと思いますが、萌子さんは気持ちがめちゃくちゃ顔に出ます。

男性メンバーとの会話中「こいつ何言ってんねん?」となった瞬間、顔のスイッチがパチリと落ちて無の表情に。

今回、表情筋キラーとなったのは料理研究家・北原さん。明るくかわいいので恋人にはぴったりで、きっといろんな女性からモテてきたであろう彼。

しかし、北原さんの抽象的すぎる話し方に表情筋スイッチがオフに。深い会話でつながりたい萌子さんにとっては、一生を添い遂げる結婚相手にはなれませんでした。

キャラ被りローズVSマラカイの戦い

前回のコラムでも触れましたが、過去のエピソードや趣味の乗馬、外国の血を引く華やかな見た目など、多くの点でキャラ被りしていたローズとマラカイの2人。

まさかの乗馬で2on1デート(一方がその場で脱落となるデート)となりました。

しかし萌子さんはどちらを落とすか決めることができず、後日それぞれと2ショットの時間を設け、結果はローズセレモニーまで持ち越しとなることに。

規則を破ってまで決めきれないほど拮抗していた2人でしたが、軍配が上がったのはローズさんとなりました。

気持ちは言わなきゃ伝わらない。胸がはだけたもん勝ち

日本生まれなだけあって気質が真面目な分、本人を前にした時の情熱には欠けるマラカイさん。

エピソード5のストールンローズの話し合いでは、萌子さんへの本気の想いを男性陣に語っていたのに、萌子さんには一言も気持ちを伝えることができませんでした。

それに反してローズさんは「彼女がルールを破ってまで時間を作ってくれたけれど、不安でいっぱいだろうから、大丈夫だと導いて守ってあげたい」と、相手の状況を慮った上で好きな気持ちを伝えていました。

23歳と若いマラカイさんに対し、大人の包容力を見せたローズさん。

どんなに気持ちがあっても本人に言わなきゃ伝わらない。視聴者はマラカイさんの熱い気持ちを知っていただけに、あまりにもったいなくてもどかしくなりました。あそこで伝えていたら何かが変わったかもしれない。

どんなに想っていても、シャツと共に心そのものも開襟しなくては意味をなさないのだと、ローズさんの胸のボタンが教えてくれました。

ちなみに南国では5つも開いていたローズさんのシャツのボタンも、寒い場所では3つになっていました。お腹冷えちゃうもんね。

1人だけ他とは状況が違う黄さん

会社を複数経営し、高学歴で見た目もイケメンな黄さん。

バチェラーとしても申し分のないスペックで非の打ち所がなく、運営側の大本命として投入されているであろう彼。実は黄さんに対してだけ、萌子さんの接し方が違うことにお気付きですか?

「好きだという気持ちを感じさせてほしい」「もし私が嫌ならNOと言って良い」と、自ら下手に出て気持ちを確認してるのは、黄さんに対してだけなんですよね。

これが他の相手だったら、確認するまでもなく「本気度を感じない」と即切り捨てていると思うんです。

黄さんが大きな爪痕を残す場面もなくここまで残ってきたのは、萌子さんのタイプで一番気になっているからなのでは? と。

自分への想いを確認できたら飛び込みたいけれど、彼の気持ちを感じないので、踏み込めず躊躇しているように見えてしまいました。

しかし、黄さんはうまいですよね。「周りの男性メンバーと揉めている」「コンプレックスがある」という皮を被せて、自分を上げる内容をいやらしくないようにへりくだった形で語るんです。

さらに、それを萌子さんの口から肯定させる形で語らせるので、プラスの印象をより根付かせるんですよね。さすが年商20億、やり手。

黄さんと杉田さんの「好き」の温度差

画家の杉田さんの成長がすさまじい。最初は会話も成り立たないほどだったのに、今では冗談も言えるほどに。そしてエピソード6ではとうとう愛の告白まで成し遂げるのです。

「たまらなく好き。萌子さんといると成長できるし、びっくりする明日になる。生きるのに必要になってしまった」

気持ちのこもったこの告白は、最初のカクテルパーティーで挙動不審だった人間とは思えないほど。これにキュンとこない女性はいないのでは? と思うほど熱い告白をぜひ見てほしい。

ただ、まだ萌子さんの目を見られていない杉ちゃん。次は目を見て、しっかり気持ちを伝えてほしいものです。

その分、直後の黄さん「萌子さんが思ってるよりちゃんと好きだよ?(棒)」が、杉ちゃんとの対比でとても軽く見えてしまいました。

「結婚したら幸せな相手」と「本能で惹かれる相手」

おそらく、まだ萌子さんのことをきちんと好きではない黄さんと、心から大好きな杉ちゃん。

しかし先に述べたように、萌子さんが本能で惹かれているのはおそらく黄さんなんですよね。杉ちゃんが告白を始めた時、一瞬だけ萌子さんの表情筋が死ぬ瞬間があったんです。

結婚するなら確実な愛情を注いでくれている杉ちゃんを選んだ方が幸せになると、理性では分かっていながらも気持ちは受け止めきれず、結局本能で惹かれる黄さんへの感情に負けつつある。

でも、黄さんの気持ちを感じられず葛藤している……というのが表情筋ご臨終の理由のように思いました。

ちなみに、ローズさんといる時の萌子さんは本当にリラックスして気を使わずに話しているんですよね。でも、それは恋やときめきとは違うもので、一緒にいて過ごしやすいけど恋ではない、癒やし的な存在で、次回落ちるのでは? と予想しています。

「距離が近づいたら“ハオ”と呼んでほしい」と以前黄さんが言っていましたが、まだ呼んだことがない萌子さん。もしこの状況で、黄さんが次回ラストローズの場に進んだとしたら、かなり強いと思います。

杉ちゃんやローズさんには心を許している中、そこまで至らないのに残るって、よっぽど惹かれているということですから。

ホテル王に! 俺はなる!

スーツの素晴らしさを広めに来たはずが、突如「ホテル王に俺はなる!」と宣言し、マネーの虎と間違えてバチェロレッテに出てしまったと思われるスーツテイラー牧野さん。

彼にはありったけの夢をかき集め、未来の元谷芙美子社長(アパホテル社長)を目指していただき、マッキーカレーが発売される日を待ち望むばかりです。

次回はとうとう男性メンバーの実家訪問。それぞれの親御さんやご家庭を見ることで、さらにパーソナリティを深く知れる回になりそうなので、非常に楽しみですね!

(やまとなでし子)

やまとなでし子

 

大和撫子とは対極にいるアラサーJK(女子会社員)。合コン、婚活、過去出会った世にも不思議な男性たちや日常についての備忘録をTwitterとブログで綴っている。

Twitter:@yamatonadeshi5
ブログ:男性見聞録

この著者の記事一覧 

BACKNUMBER 「#バチェロレッテ考察」をもっと見る

MORE

SHARE