お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「粗探し」の意味。指摘したがりの心理と対処法

高見綾(心理カウンセラー)

「粗探し」は、誰でも知らず知らずのうちにしてしまうことがあります。ただ、欠点ばかり見つけて指摘されると、イライラするし落ち込んでしまうもの。今回は、そんな粗探しばかりする人の心理と対処法を、心理カウンセラーの高見綾さんの教えてもらいます。

あなたの周りに粗探しばかりしてくる人はいませんか? 他人の悪口を聞くのは気分が悪くなるものですし、自分の粗を指摘されるとショックで落ち込んでしまうものですよね。

では、こういった粗探しをする人はなぜそんなことをするのでしょうか? その心理や性格の特徴などについて解説します。上手な付き合い方についても紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

「粗探し」の意味とは。どういう行動?

まずは「粗探し」の言葉の意味を改めて確認してみましょう。

粗探しとは、「他人の欠点や過失を、ことさらにさがし出すこと。また、そうして悪口を言うこと」(出典:『デジタル大辞泉』)をいいます。

どのような人にも長所があれば短所もありますが、「粗探しをする」とは、長所よりも短所に注目して「欠点は無いかな?」とわざわざ探そうとすることを指します。

それだけではなく、見つけた欠点を「あの人ってこういうとこあるよね~」と他人にしゃべったり、直接本人に指摘したりするような行為を指すこともあります。

次ページ:粗探しする人の特徴

SHARE