お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「粗探し」の意味。指摘したがりの心理と対処法

高見綾(心理カウンセラー)

粗探ししてしまう心理

粗探しされて気持ち良い人なんていませんよね。では、なぜ人は粗を探してしまうのでしょうか? 心理を解説します。

(1)優越感を味わいたいから

粗探しをする人は日頃から劣等感を強く抱いているので、他人を下げることで優越感を味わって気持ち良くなりたいと思っています。

本心では「すごいな」と思う人がいたとしても、その人の優れた点を認めてしまうと余計に自分が惨めに感じられてしまうため、褒めたり認めたりすることはできるだけしたくないのです。

(2)他人の欠点を見つけることで安心するから

他人の欠点を見つけると「あの人より私はマシだ」と思えて安心します。

本来は、自分を高める努力をすればいいのですが、粗探しをする人は、自分に自信が無いがために「どうせ自分には無理だ」と思っているので、他人を下げることで精神的な安定を得ようとするのです。

(3)相手がうらやましいから

優れた人を見ると、妬ましい気持ちが出てきて面白くないと思ってしまいます。素直に「いいなぁ」と認めることができないため、「あんな人のどこがいいのよ!」とひねくれてしまうのです。

その結果、相手を下げる発言をして、評判を落とそうとしたりすることも少なくありません。

(4)嫌いだからこそ目に付いてしまうから

「この人、なんか嫌だな」と一度意識してしまうと、悪いところがどんどん気になってしまうものです。誰に対しても粗探しをするというよりは、特定の嫌いな人の粗を積極的に探してしまうというパターンですね。

嫌なら気にしなければいいのですが、イライラした気持ちを発散したくて、つい悪口を言ってしまいます。

次ページ:粗探ししてくる人への対処法

SHARE