お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

目上の人に使う場合の「助かります」の正しい敬語表現

大部美知子

「助かります」を言い換える敬語表現

「助かります」を使う場面は、「感謝やお礼を伝えたい場合」と「依頼したい場合」がありますね。

ここでは、「助かります」を言い換える敬語表現を、2つのパターン別に紹介していきます。

「感謝やお礼を伝えたい場合」の言い換え表現

「感謝やお礼を伝えたい場合」の言い換えとして、いろいろな場面で活用できるのが「ありがとうございます」です。

相手の年齢や立場に関係なく使用でき、書き言葉・話し言葉の制限もありません。

また、改まった場合の話し言葉やメール、文書などの書き言葉として「お礼を申し上げます」「感謝申し上げます」などの表現もあります。

さらに、「ありがとうございます」や「お礼を申し上げます」の前に、「大変」「厚く」「誠に」「心より」などを付けることによって、感謝の気持ちを強調することができます。

言い換え表現を用いた例文

・「この度は急なお願いにも関わらず、お引き受けいただき、誠にありがとうございます」

・「これも□□様のお力添えのおかげと、厚くお礼申し上げます」

・「この企画の実現のために、皆さまのご協力をいただけましたことに感謝申し上げます」

「依頼したい場合」の言い換え表現

相手がこれをしてくれたらうれしい、という依頼の気持ちを伝えるには、「幸いです」という代表的な表現があります。

より改まった場面では、「幸いでございます」「幸いに存じます」「幸甚に存じます」などの表現を使うと良いでしょう。

「幸甚に存じます」の「幸甚」は最大級の幸せを意味しますが、話し言葉では意味が伝わりにくく、改まったメールや手紙の中で使われます。

言い換え表現を用いた例文

・「ご都合のよい日時をいくつかお教えいただければ幸いです」

・「勝手ながら、この件について今週中に回答をいただけましたら幸いでございます」

・「お忙しいところ誠に恐れ入りますが、今週中にご返答を頂ければ幸いに存じます」

・「恐れ入りますが、こちらの提案をご検討いただけましたら幸甚でございます」

・「懸案事項でした今回のプロジェクトに、ご賛同いただければ幸甚に存じます」

「幸いです」以外の表現

・「〜していただけますか?」

・「〜くださいますか?」

・「〜していただけませんでしょうか?」

上記の表現も、「幸いです」と比べると少しカジュアルな感じですが、話し言葉として使いやすいです。

下記の上から順に、より丁寧さが高まります。

・「お手数ですが、お知らせいただけますか?」

→「お手数をおかけしますが、お知らせくださいませんか?」

→「お手数をおかけしますが、お知らせいただけませんでしょうか?」

さらに丁寧な言葉遣いが求められる場面では、クッション言葉と呼ばれる「お手数ですが」「恐れ入りますが」「お忙しい中」「ご面倒をおかけしますが」などの言葉を添えると良いでしょう。

「助かります」と言われた場合の返事の仕方

ちなみに、自分が相手から「助かります」や「助かりました」と言われた時の返事はどのようにしたら良いのでしょうか?

よく使われる表現は下記の通りです。

「~してくれて助かりました」と感謝された時

この場合には、下記のような返事ができます。

・「お役に立ててうれしいです」

・「お役に立てて何よりです」

・「とんでもございません」

・「恐れ入ります」

「~してくれると助かります」と依頼された時

この場合には、下記のような返事ができます。

・「かしこまりました」

・「喜んで〜させていただきます」

・「承知しました」

・「お役に立つことができれば幸いです」

気持ちをより細やかに伝えられるように

「助かります」の言い換え表現を考えてみると、いろいろな言い方があることに気付きますね。

言葉の選択肢が豊富だと、その時の状況に合わせた言葉でより細やかに気持ちを伝えることができます。

ぜひ実践して、職場のコミュニケーション向上に役立てていただければ幸いです。

(大部美知子)

※画像はイメージです

※この記事は2020年08月20日に公開されたものです

大部美知子

株式会社M‘sコミュニケーション代表取締役。ビジネスファシリテーター。東京女子大学短期大学部卒業後、日本航空株式会社入社。13年勤めた後、JALアカデミー株式会社にて16年、企業向けの接遇指導や、新人からリーダーまで、幅広い層のビジネスコミュニケーション指導に従事する。 2004年12月に独立。企業研修は、「受けるとかならず結果が出る」と定評がある。著書に『気持ちをうまく伝える技術』『ゼロから教えて電話対応』『ゼロから教えて新人教育』『世界で通用する 一流のビジネスマナー』(共にかんき出版)など。

この著者の記事一覧 

SHARE