お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

Keyword.05「約束」

#羽ばたくつばさ

木津つばさ

今注目の若手俳優・木津つばさのエッセイ連載。毎週1つ編集部から与えられるキーワード(お題)に沿って、自身のルーツや想いを綴ります。キーワードから紐解かれる“木津つばさ”とは?

はじめに

「約束することは、未来の己への対価を示す」

これまでの自分自身と照らし合わせて、何ができたのか、何をしてきたのかをしっかりと見つめ直すために、「約束」という言葉が存在するのかな? と思います。

“誰と約束するのか”、が大事ではないんです。

“誰のために”、その約束という夢を果たすのか。

それが何に対してでも、さほど変わりはありません。

僕自身のこれまでの短い人生の中にある「叶った約束」と「続いていく約束」について、今週は話していきたいと思います。

「叶った約束。それは『約束することは、未来の己への対価を示す』」

それは自分を信じること。

昔から親には厳しく育てられ、勉強をしてサッカーをして22時には就寝するという生活を送っていました。

その中で僕の人生は今思うと、とても不思議なもので。

中学2年生の時、怪我で大好きなサッカーができなくなり、同時に勉強もしなくなり、自暴自棄になってしまいました。

あの時、不良にならなかったのは素直に親のおかげです。

道を間違えてもおかしくない時期に、ある人に出会って、人生が大きく変わりました。

夢を見つけたんです、大きな夢を。

最初は恥ずかしくて誰にも言わなかった。というより、言えなかったし、無理だとも思ってました。いつも中途半端な僕に務まるわけがないと……。

でも中学3年生になり将来のことを考え始め、その時は遂に来たんです。

そう、志望校を決める時が。

志望校を書いて先生に提出する書類には、しっかりと志望する高校名を書くつもりが、大きく「役者」と書いていた自分がいました。

その後、三者面談になり、その時初めて親に告げました。

「俺は役者になりたい」

親には怒られてダメだと言われると思っていたのですが……。

ここからは皆様のご想像にお任せします。

話したいことは多く出てくるので、続きはまたの機会に。

一つ言えることは、信じることで叶った約束もあれば、ずっと叶わなさそうな約束もある、ということ。

貫く正義と、信じる正義。

おわりに

「続いていく約束。それは『約束することは、未来の己への対価を示す』」

(文:木津つばさ、撮影:Yuto Fukada)

木津つばさ

舞台『刀剣乱舞』や『あんさんぶるスターズ!エクストラ・ステージ』などの大人気2.5次元舞台作品で主要キャストを務める。好きなものはスニーカー、ゲーム、写真など。

Instagram:https://www.instagram.com/tsubasa__kizu/
Twitter:https://twitter.com/kizu_tsubasa

この著者の記事一覧 

BACKNUMBER 「#羽ばたくつばさ」をもっと見る

MORE

SHARE