お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

精神的に辛い時はどうする? 心が楽になる5つの方法

高見綾(心理カウンセラー)

精神的に辛いと感じる心理的な5つの理由

辛いと感じる時は、それなりの心理的な理由があるものです。私たちが辛いと感じる主な理由を挙げてみました。

(1)自分を責めてしまうから

しんどくなっている時は、たいてい無意識のうちに自分のことを責めています。

うまくいかなかった時に、「私なんてダメだ」「他の人は上手にやっているのに、それに比べて私は」と考えてしまうと、ただでさえショックを受けている自分に追い打ちをかけることに。

(2)希望が見えないから

今がうまくいかないだけでなく、将来にも明るい兆しが見えない時は、余計に落ち込んでしまうものです。

希望があれば頑張ろうと思えますが、「やっぱり無理かもしれない」と自信を失い始めると、どんどん不安に駆られて抜け出せなくなります。

(3)理解してくれる人がいないから

自分を理解して受け止めてくれる存在がいることは、精神的な安定に大きく影響します。自分で自分のことを認められない時に理解者がいないと孤独感が増してしまいます。

(4)自己嫌悪に陥ってしまうから

「うまく振る舞えない自分が嫌い」「こんなふうにクヨクヨ悩む自分も嫌だ」など、自己嫌悪に陥ってしまう時も精神的に辛くなります。

自分が嫌い、というのは強烈な感情です。長所のない人はいないはずですが、そういった時は自分の嫌いな部分にばかり目が向きやすくなります。

(5)罪悪感から人を遠ざけてしまうから

私たちは社会的な生き物なので、本能的につながりを求めています。

ところが、色々なことがうまくいかず自分はダメだという気持ちが強くなると、休日に人に会いたくなくなったりして、自ら人を遠ざけようとする心理が働きます。

しかしつながりは本能的な欲求なので、周りとのつながりが断たれてしまうことでますますしんどくなってしまいます。

次ページ:追い詰められた心が楽になる5つの方法

SHARE