お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
コラム 結婚

独身、既婚、子持ち。ステージが変わった女友達との付き合い方 #エマちゃんの結婚革命

エマちゃん

自由な時間がなくなる、好きな仕事ができなくなる……。「結婚はコスパが悪い」とも言われ、一歩踏み出せない人も多い。だけど実は、時代とともに「結婚生活」の価値観もアップデートされて、自分らしいライフスタイルを選べるようになっているんです! Twitterで人気のエマちゃんが、ご自身やまわりの夫婦の実例から、新しい結婚スタイルを提案します。

結婚や出産は、時に大きく自分の生活を変え、環境を変え、優先順位を変えます。

友人関係もそれに例外はなく、わたし自身も、変化がありました。

まず結婚してからというものの、「今日空いてる?」とか「飲み会あるから来なよ!」という女友達からのお誘いがガクッと減りました。

理由は「わたしに旦那さんがいるから」。

突然誘うことに躊躇するのは、「旦那さんに許可取らないといけないよね?」という遠慮や「男性がいるワイワイとした飲み会はよくないよね?」という配慮から。

わたしと夫はお互いに、いつ誰と遊びに、ご飯に行くのも、男女含めた交友関係も、ご自由にどうぞ! という感じなので、完全にまわりの要らぬ気遣いとなります(笑)。

仲のいい友達なら、徐々に「エマちゃんの家は自由だね」と気づいて、要らぬ遠慮はしなくなるけど、ちょっと遠い友達はそのあたりのフランクさが変わった気がする。

家族との時間が第一優先だもんね! という認識は人類共通の認識みたい。

女の友情は長い目で見ればいい

あとは話題が変わりますよね。結婚したとなれば、今までの恋バナで多かった「最近誰とデートした?」「最近あの人に口説かれたよ」「セフレがさ……」なんて話題が消滅します。

その代わりに「家は賃貸? 買う?」「保険ってどうしてる?」「最近ホットクックを導入してさあ」という話が躍り出ます。

だから独身×既婚の女友達同士だと、話題の変化に戸惑うことも多いかもしれません。

子どもがいれば尚更。もう話題は子どもの話が9割だから。

でもね、そんなふうに、優先順位・話題・時間の使い方が変わっても、意外に“友情”という面に関しては変わりなくて。

なぜかって、相手のことが「好き」なのに変わりないから。

確かに会う頻度などは変わるかもしれません。

わたしなんかは友達が結婚したことによって、東京と岐阜という遠距離になって、今まで月1で会えていたのが1年に2回しか会えないくらいに減りました。

それでも相手を好きな気持ちとか、心配する気持ち、幸せを願う気持ちって変わらない。それはお互い同じなんです。

だから女の友情は長い目で見ればいいと思う。

疎遠になって、また繋がる。それも友情

たとえば、話題が合わない女友達と疎遠になる時期があるのも自然なことだと思うんです。

「今のわたしが話したいことを話せる友達は彼女のほかにいて、その友達のほうと仲よくしてる」なんてこともあるでしょう。

とはいえ、たとえば子どもの話についていけなかった人も、いつかは母になって、前に仲がよかった友達とまた話したいなー! って思うときがくるかもしれないじゃないですか。

そうなったときに友情はまた、いとも簡単に復活するもんなんですよね。

ついに同じステージに立っちゃったね〜! いえ〜い! みたいな。

だから疎遠になったことに、変に引け目を感じないでいいと思うの。

長い目で見て、ぎゅっとくっつくときもあれば適度な距離感で繋がっていることもある。友情のよさってそういうところ。

恋人とか家族みたいに、ずっとぎゅっとピタッと一緒にいるわけじゃないし、うまく距離感をとって続ける関係性、それが友情。

何もかも合う、共感できる……が仲良しを作るわけじゃない。

その時々で関係性の違いや変化を楽しめる友情もある。

わたしはいま子どもがいないけど、子どもがいる友達の話を聞くのは楽しい。将来の参考になるかもしれないし、あのときチャランポランだったあなたが今やこんなしっかり母さんに! って驚きと感心があったりして、お喋りもおもしろい。

彼女は彼女で、わたしの仕事の話とか最新美容の話を聞いて、外の世界の刺激をもらえる〜と喜んでくれたり。

こんなふうに、疎遠になっても友情を長い目で見たり、友達関係の変化を楽しめたりするようであれば、なんの問題もないなって思ってます。

だから友情を失うかもと心配することも、引け目に感じることもなくていいと思う。

これからも大切にしたい人を自分なりに大切にしていけばいいのよ。

(文:エマちゃん、イラスト:itabamoe)

「エマちゃんの結婚革命」をもっと見る

お役立ち情報[PR]