お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

女友達をモヤッとさせない「結婚報告」。SNS投稿のタイミングは?

#エマちゃんの結婚革命

エマちゃん

自由な時間がなくなる、好きな仕事ができなくなる……。「結婚はコスパが悪い」とも言われ、一歩踏み出せない人も多い。だけど時代と共に「結婚生活」の価値観もアップデート! Twitterで人気のエマちゃんが、自身や周りの夫婦の実例から、新しい結婚スタイルを提案します。

私もびっくりしたんですけど、女友達に婚約・結婚報告をすると、「なんなんあいつ……」と物議を醸すことがあるみたいですね。

今回マイナビウーマンさんから「女友達への結婚報告」というお題をいただいた時、これって記事にしたら読まれるほど、今ちょっとした問題になっているんだなと、改めて闇を感じました。

私自身、友達から婚約や結婚の報告を受けて「へえ〜〜(萎)」みたいな感情になったことはないので、友達の報告の仕方が良かったのか、私がおめでたい人間なのか測りかねますが、今回はこの問題について語ろうと思います。

幸せいっぱいの結婚報告はかわいい!

おそらくね、婚約や結婚報告をして、相手をなんかモヤッとした気持ちにさせる人って、その「報告の仕方」に問題があるのかもしれません。

ただね、最初からもう結論みたいなことを言ってしまうと、「婚約とか結婚の報告を受けてモヤッとする人って、器小さくない? え、本当に友達なん?」って思っちゃうのは私だけ?

私からしたら、どんな報告であろうが「めでたいね〜!」って祝福できないのは、もう受け取り手の問題でしかないから、そっちでどうにかして!? って思っちゃう。

もう、それを言ったらこのコラムが終わるんですけど(笑)。

基本的には、報告の仕方は「したいようにせえ」派です。

もう幸せにあふれて、一般人なのに【ご報告】とか付けちゃうのもかわいいし、婚姻届に指輪3つ並べて写真を撮っちゃうのも今のうちだし、結婚ハイになってなんぼじゃないの。人生の何日よ、それができるの。あなたがやりたいんだったらやったらいい。

ほほ笑ましく、良かったねえと祝福してくれる人に囲まれてるんだから大丈夫(と思い込んだ方が幸せ)。

とはいえ、気にしちゃう女の子もいるみたいなので、今回は「モヤッとした結婚報告」を周りに聞きながら、そうさせない対策も考えてきたので、ご参照ください。

SNS に載せるのは結婚(入籍)報告から

友達に直接会って「婚約したんだ」「結婚したんだ」と報告する時は、トラブルって起きづらいと思うんですね。

ただSNSでは、モヤッとする事件が起きがちだそうです。

例えば、「婚約した」という報告をSNSに載せることにモヤッとする人も多いみたい。

まだ入籍していない段階で、世間に公表するのって大丈夫? 何かあるかもしれないし、婚約破棄だってあり得るし……。どうせ報告するなら籍入れてからの方が良いんじゃない? と。

SNSのフォロワーに、プライベートな友人だけではなく、職場の人や取引先など堅い関係性の人も混在する場合、特にそう思われるそうです。

結婚となると、その人自身の活動が変わったり、住む家が変わったり、名字が変わったり、いろいろな場面で変化があります。

そういう意味で“結婚”というのは、プライベートだけでなく、仕事など公私にわたって影響がありますよね。なので、上司などさまざまな人に「結婚することになりました」と事前報告がなされるわけです。

結婚(入籍)は、婚約から両親へのあいさつまで、準備を重ねて進むもの。なので、あらかたの友人や仕事関係者へ報告をし、最後にSNSで公表する、という流れになることも多いと思います。

一方で婚約は、サプライズでなされることがほとんどで、それだけで名字や活動が変わるわけではない。入籍前に婚約破棄する可能性もある。

そうなると、婚約した直後は、プライベート空間のみで発表する方が良かったりしますね。

SNSで結婚報告する時の注意点

SNSは人によって、鍵アカで身内だけ、公私共にごっちゃごちゃ、知らない人もたくさんフォロワーにいる巨大アカウント……など使い方も違いますよね。

自分が大変な思いをしないためにも、混乱を来たさないかリスクを考えながら、報告する範囲を決めた方が良いと思います。

最近では公開設定などで「親しい人」のみに表示できたりするので、そのように使い分けるのも賢明ですね。

また、SNSの「タグ付け」についても気を付けた方が良さそう。

例えば、婚約報告にしても結婚報告にしてもそうですが、結婚相手を先にタグ付けすることで、今は報告をするタイミングではなかったなど、相手のフォロワーも巻き込んでトラブルになることもあるそう。

どうしてもタグ付けをしたい時は、相手にしっかり確認しましょう。

「独身同盟」を結んでいた女友達への結婚報告

女友達に直接報告する場合でも、ためらうこともあるそうです。

例えば友達が、結婚したいと考えているが、恋愛もうまくいかず、婚約破棄もあったりして落ち込んでいる場合……。こちらがいざ「婚約! 結婚!」となった時に、バリバリの幸せ報告をするのも気が引けてしまう、と。

「全然結婚できな〜い! ま、いっか! 私たちにはお互いがいるし!」みたいな独身同盟を結んでいた2人でも、ふとしたきっかけで片方が電撃婚をすることになり、「お先に~」みたいな状況になることもあったり。

でもね、こういう場合は絶対に「申し訳ない」とか思わない方がいいです。

もはやそうやって気を使うのが、相手に失礼。だって、それってどっかで「婚約も結婚もできないあなたがかわいそう」みたいな気持ちがあるってことでしょう。

そういう同情はいらないし、逆に相手を傷つける可能性もあります。

ここはストレートに、婚約・結婚したことを報告しましょう。シンプルに考えましょう。ただ、自分に起こった事実を報告する。それだけです。

ただし! やってはいけないこともある。

それは、いきなり「結婚ってほんとに良いよ〜!」みたいに価値観をゴリ押しすることですね。極めつけに「〇〇ちゃんも早く結婚しなよ」と言うとかね。たまに聞きます。

これはいかがなものかと思います。幸せの定義をいきなり押し付けるとか、まるで「あんたには“コレ”が足りないのよ」と言わんばかりのことをするのはおかしな話。

自分の幸せと、相手にとっての幸せは違います。

決して相手に押し付けない。足りないとばかりに見下さない。これは大切にしましょうね。

相手の気持ちに配慮した結婚報告を!

最初に述べた通り、基本的に友達・仕事相手・親族は、あなたの幸せ報告をうれしく思うものです。そこに嫌な気持ちを抱く人はほぼいない。

でも、義理とか思いやりは大事にして損はありません。

幸せいっぱいの時でも、自分本意にならず、相手のことも配慮できる人が、より祝福されるのかもしれないですね。

(文:エマちゃん、イラスト:itabamoe)

エマちゃん

スキャンダラスな小悪魔時代は過ぎ、今や人妻。
悩める乙女たちの恋愛相談、人生相談をバシバシと受けつけております。

Twitter:@emaaarion

この著者の記事一覧 

BACKNUMBER 「#エマちゃんの結婚革命」をもっと見る

MORE

SHARE