お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

性欲が強い男性の共通点とは? 体目的かどうかの見極め方

マドカ・ジャスミン

性欲が強い男性に共通する特徴とは? STD(性感染症)やHIV防止啓蒙活動を行うコラムニストのマドカ・ジャスミンさんが、自身の経験談を交えながら、向き合い方を解説します。

自他共に性欲が強い私が直面している問題は、パートナーとの性欲の相性がイマイチなこと。付き合いたてのころはタイミングを見つけてはセックス、セックス、セックスの日々だったが、2年半以上も付き合っていればそうともいかなくなるらしい。

もっと言うと、私は今でもセックスがしたくて堪らないのだが、彼は元々性欲がそこまで高くないゆえにセックスをしなくても生きていけるとまで言うくらいだ。殺す気か。

このようにわたし自身は共感も理解もできるのだが、多くの女性が敬遠しがちな「性欲の強い男性」について、今日は考えていこうと思う。

性欲が強い男性の共通点とは?

「男が近くにいるのにセックスができない」。

今までの恋愛経験の中、こんな悩みに苛まれたことは今までで一度もなかった。そもそも今まで付き合ったり、好きになったりした相手男性たちのほとんどが人並み以上の性欲を持っていたのだと今になって気づく。

ネタとして語り続けている一晩15回セックスの相手なんて、絵に描いたような性欲の強さだった。では、わたしの経験談から紐解くに、性欲が強い男性の共通点とは一体なんなのか。

(1)鍛えている

体格が大きい、小さいの差はあれど、性欲が強い男性は皆身体を鍛えていて、筋肉がついた良い身体をしている。

鍛えることによって闘争心や性欲が増すといわれることもあるが、どちらかというと元々性欲が強い男性が、よりセックスで高パフォーマンスを出せるよう鍛え始める場合もある。

したがって、性欲が先なのか筋肉が先なのかは一概には断言できない。

(2)仕事人間

性欲の強さと仕事へのモチベーション(年収)は比例しているように思える。

身体を鍛えると闘争心が高まる、といった論理と同じだ。狩りがない現代において、それが最も活かされる機会といえば、紛れもなく仕事なのだ。

昼はゴリゴリ仕事をし、夜はこれでもかと女性とセックスをする。ある意味、彼らは非常に野性的な生活を送っているのであろう。

(3)インテリ系(知的好奇心が強い)

知能指数と性欲が密接に関係していることは、研究結果によって判明している。

知能指数が高い人たち……簡単に言えば、インテリ系な人たちはあらゆるものに対する知的好奇心が強く、性もその対象となるわけだ。

実際にアブノーマルなセックスにのめり込む人には、驚くほどの高学歴が多かったりもする。頭が良いほど、性欲が強い。何かの設定のような本当の話。

(4)負けず嫌い(諦めない)

彼らは人一倍負けず嫌いの気質がある。

人よりも抜きんでたい、秀でたい。去年や昨日の自分に負けたくない、いや圧倒的に勝ちたい。そのために多少の苦痛もいとわず、でも、頭をフル回転させて考え抜く。

だからこそ、継続的に身体を鍛えられ、仕事もできるのだ。

セックスにおいても、ほかの男よりも相手を満足させたいといった気持ちによって、今のセックスに満足せず常に学習を続けるのだから心からの尊敬に値する。

次ページ:性欲が強い男性の恋愛傾向

SHARE