お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

毎日料理しなくてもいい。がんばらない「簡単ご飯」のススメ #エマちゃんの結婚革命

#エマちゃんの結婚革命

エマちゃん

自由な時間がなくなる、好きな仕事ができなくなる……。「結婚はコスパが悪い」とも言われ、一歩踏み出せない人も多い。だけど実は、時代とともに「結婚生活」の価値観もアップデートされて、自分らしいライフスタイルを選べるようになっているんです! Twitterで人気のエマちゃんが、ご自身やまわりの夫婦の実例から、新しい結婚スタイルを提案します。

私と夫が一緒に家でご飯を食べるのは、週に3日くらい。

ここで「少なくない!?」と驚かれることもある。だけど共働きで、私はフリーランス、夫は経営者となればビジネス上の付き合いも友だちも多いし、仕事の時間は不規則。毎日同じ時間に帰って、ご飯を作って家で食べるほうが難しい。

「お家で2人で食べるご飯が至高だ! 絶対だ!」とも思ってないから、お互い家で食べるもよし、外で食べるもよし、という感じでゆるくしておきたいんですよね。

ということで、自然とこのペースに落ち着いてます。

それに、週に3日程度のお家ご飯も、気を張って作る必要はないんです。

今回は「結婚したら毎日がんばってご飯を作らなきゃいけないのかな……」と重荷を感じている人に、私が実践している“簡単ご飯”についてご紹介します。

無理しない。簡単ご飯のメリット

私のほうがご飯を作る頻度が高いのですが、私がお料理にかける時間は15分から長くて30分の簡単ご飯。あまり凝った料理や時間のかかるものを作ることはないです。

なぜなら、計画的にご飯を作るぞと思うことがないから。

ご飯を作ろうと決めるのは、夕飯時の直前。

私の仕事が終わって、帰るときに「今日は家でご飯食べたいから作ろう」と思ったときや、私が家にいて、夫から「19時に帰るよ~、家にご飯あれば食べたい!」と連絡がきたときに「(夫が)帰ってくるならご飯を作ろう」と決めます。

お互い仕事が終わる時間が毎日違うので、ご飯を食べる時間も毎日違う。

ご飯を食べる場所も自由にしているので、家でご飯を作るかどうかも毎日違う。

なので、私が自分のためにご飯を作ろうと思ったときか、夫が確実に家でご飯を食べるとわかったときにしか作らないようにしています。

逆に「今日は凝ったお料理を作って夫に食べてもらおう!」と勝手に期待して計画をするのは、ヤバいんですよね。

なぜなら、食べてもらえなかったときに不機嫌になっちゃうから。

お料理すること自体が自分の楽しみで、ストレス発散になる人は、作ることだけで楽しめるのでいいと思うのです。

でも私みたいな、お料理が“趣味”ではなく「人に食べてもらっておいしいと思ってもらえるのが嬉しいタイプ」は、作ったのに食べてもらえないときに「悲しい」とか「せっかく作ったのに」と負の感情が生まれてしまうんですよね。

断る側も、食べてほしかった……という相手の気持ちを感じると気まずくなりますよね。

私たちの生活スタイルでは「今日はご飯いらない」となるのは悪気なく容易に発生すること。それはお互い様です。

ご飯を作る場合は、夫から「今から帰ります!」という連絡が来てから30分程度で作れるような、簡単ご飯が一番いいのです。負の事件が発生しにくいから。

だから私は、自分のために作ろうと思うときか、確実に夫に食べてもらえるときにしか作らないようにしています。

“ミールキット”は簡単ご飯の強い味方

今は“ミールキット”なるものが宅配サービスやコンビニで受け取れたりして、すごく便利な世の中になっていますよね。

ミールキットというのは、食べやすいように切られている野菜やお肉、味付け用のソースなども入っていて、あとは炒めたり煮たりするだけ、というお料理セット。たいてい15分前後でできあがります。

帰ってきてお腹ペコペコ! なときに、さっと作って食べられるから、我が家でも助かっている素晴らしいサービス。

ご飯を家で食べるのは、夫も私も好きな時間。ゆったりのんびり、テレビを観ながら食べられるし、自分のペースでご飯を楽しめる醍醐味があります。

だから完全に外食オンリーにはしたくない。なので、たまにはこういうサービスを使って「家で食べる時間」を設けるようにしています。

私はとにかく「家でご飯食べるって言ったじゃん!」と言う不毛な争いを避けることと、友達や仕事関係の人にご飯に誘われたときに「私が外で食べてきたら嫌がるかな……」という余計な心配や、お付き合いができなくなるストレスが発生しないことを意識しています。

ということで、自由な時間を守りつつも、2人で食べるおうちご飯を大切にするようにした結果、“簡単ご飯”を極めているのです。

(エマちゃん)

※画像はイメージです

エマちゃん

スキャンダラスな小悪魔時代は過ぎ、今や人妻。
悩める乙女たちの恋愛相談、人生相談をバシバシと受けつけております。

Twitter:@emaaarion

この著者の記事一覧 

BACKNUMBER 「#エマちゃんの結婚革命」をもっと見る

MORE

SHARE