お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 働き方

好奇心旺盛な人の長所と短所。自己PR方法と向いてる仕事とは

ぱぴこ

自分が好奇心旺盛だと思う人は、自己PRをどのようにすればいいのでしょうか。また、そんな人の適職とは? 外資系OLコラムニストのぱぴこさんに、好奇心旺盛な人の長所や短所、向いている仕事などについて教えてもらいました。

「好奇心は猫を殺す」とは、イギリスのことわざです。

英語圏では、猫は9つの命を持つと言われるため、そんな9つの命を持つ猫でも、好奇心によって殺されるということを表します。

好奇心旺盛な人と、好奇心が皆無な人を比べたら、前者のほうが明らかに魅力的なように感じますが、強すぎる好奇心は身を滅ぼす……といった、長所と短所を表現していることわざといえます。

今回は一見プラスに働きそうな「好奇心旺盛な人」について考えていきましょう。

好奇心旺盛とはどういう意味?

好奇心旺盛とは、自分の知らないことや珍しいこと、面白いことなどに興味を持ち、積極的に知ろうとする姿勢を意味します。

好奇心旺盛な人の仕事における短所と長所

「好奇心旺盛」という言葉からは、常に新しいことへ興味があり、知識欲が強くて行動力がある人物像が浮かんできます。

このように記載すると「短所なんてないのでは?」と思いますが、「猫を殺す」のことわざがあるように、強すぎる好奇心は危うさもはらみます。

好奇心旺盛な人の短所

(1)興味のあることしかやらない

好奇心旺盛な人は「自分が知らないもの、興味を持ったもの」へのフットワークが軽いため、自分の興味がある仕事しかやらない、ほかはやっても明らかに手抜き……ということが起こります。

仕事なので「やりたいかどうか」を常に優先されるのは周囲も困ります。

(2)「ビジネス上必要か」よりも「自分が楽しいか」で考える

顧客や上層部へのプレゼンや企画のコンセプトにおいては、「自分がいいと思うもの」がそのまま「ビジネス上必要なもの」ではない場合があります。

このときに、自分の興味嗜好を優先してしまうと「どこ目線なの?」というアウトプットができてしまいます。

(3)熱しやすく冷めやすい

ちょっとでも興味を持つと猪突猛進! で突き進むも、手をつけてみて「それほどでもないな」と思うと、先ほどの熱はどこへやら、すぐ手を引いてしまう部分があります。

やる気満々で進めていたと思ったら「もうやめた」と返答されると、信頼感が下がってしまう可能性があります。

面接で自己PRする方法は? 好奇心旺盛な人の長所

好奇心旺盛な人のネガティブな面を挙げてしまいましたが、自己PRは短所も長所として嘘がない程度にアピールするべきものです。

そして、もちろん好奇心旺盛さは強みとして話せる内容です。

(1)成長意欲が高い

自分の興味が湧いたものを「知りたい」と思い、どんどん調べていく姿は「成長意欲が高い」と見えます。

自分でどんどん行動できる点は、仕事でも活かせる強力な武器です。

(2)集中力がある

「いい!」と思うと、周囲の声が聞こえないほど没頭し、猛スピードで対象への理解を深めていくなど、好奇心が強い人の集中力は目を見張るものがあります。

誰もができるわけではない明確な強みです。

(3)フットワークが軽い

興味があるものに対して、すぐ調べ・すぐ体験しに行く人が多く、フットワークの軽さは強みです。

とにかくやってみる、とりあえず調べてみるという癖がついているため、リサーチ能力が高いです。

(4)知識や経験の幅が広い

自分の好奇心に貪欲&素直に向かい合った結果、様々な知識や経験をしていることが多いです。

インプットが多いということはアウトプットにも活かせるということ。思いもよらない点と点をつなげて、新しいビジネスを創出できる可能性があります。

次ページ:適職は? 好奇心旺盛な人に向いている仕事

お役立ち情報[PR]