お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

執着心の正体とは? 執着心が強い人の特徴と手放すコツ4つ

浅田悠介(浅田さん@令和の魔法使い)

執着心のメリットとデメリット

ここでは、執着心の影響を考えます。あくまで気質のひとつとして、良い面もあれば悪い面もあるはずです。

執着心のメリット

そもそも執着心というと悪いニュアンスがあるかもしれません。

しかし「ひとつのことに集中する力がある」と考えることもできます。

まさしく執着心が強いことのメリットは「目標を達成するエネルギーが強いこと」です。

例えばスティーブ・ジョブスだって、あれほどの執着心がなければAppleを成功させることはできなかったでしょう。成功には執念が必要です。

逆にいえば、執着心のない「悟った態度」では、ものごとを成し遂げづらいのです。いざというときにふんばりが効かなくなるから。何ごとも粘りが必要なときはありますよね。

執着心をほどよく持つこと。そして、その執着を大勢のためになるアクションへと使うこと。厳しい現代を生き抜くには、むしろ、これら2つは必要なことかもしれません。

執着心のデメリット

執着心を持つことのデメリットは、その心が制御不能になったときに表れます。

それは主に感情や行動のコントロールができなくなるということです。

やりたいんだけどできない、逃げたいんだけど逃げられない、というふうに、それは「人生のコントロールができなくなる」という意味なのです。

思うように進めないのだとしたら、こんなに苦しいことはありません。

上のメリットにも書いたように、執着心の強い人は、優秀なエンジンを積んだフェラーリのようなものです。一般的には扱いが難しいといわれる車も、うまく運転すればトップスピードで走ることができます。しかし、それを使いこなせずにいると、あちこちパーツの調子が狂ってしまうというわけです。

次ページ:執着心を捨てる方法はあるのか

SHARE