お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

愛憎の正体とは? 愛憎の心理をうまく対処するコツ

浅田悠介(浅田さん@令和の魔法使い)

愛憎の正体とは? 愛することと憎むこと、正反対の心理を抱く理由をマジシャン兼催眠心理療法士の浅田さんが解説。愛憎という複雑な感情とうまく向き合うコツを紹介します。

「フラれた相手を憎らしく思ってしまう」
「あんなに好きだったのに仕返しをしたくなる」
「彼が不幸になればいいと思う」
「愛しているけど憎らしい」

ねえ、貴女。

人間の心というやつは複雑ですよね。

愛していると同時に、私たちは、その対象を憎むこともあるのです。

今回のテーマはまさしく「愛憎」です。なかなかゾッとする言葉ですよね。

とはいえ他人事ではありません。私たちの「愛」は、いともたやすく「憎しみ」になってしまうのですから。

それって、どうしてなんでしょう?

「愛憎」って何?

シンプルにいえば「愛すること」と「憎むこと」です。

ふたつの感情をセットにして、そう呼んでいるわけです。

しかし一般的には「愛と憎しみが同居している状態」という意味のほうが強いかもしれません。矛盾ともとれる極めて複雑な感情です。

なぜ反対の感情が生まれるのか

愛と憎しみは表裏一体。よく言われる言葉ですよね。

基本的に、これらは「相手を思う気持ち」という意味では同じものです。どちらも相手の存在によって感情を動かされているわけですから。

だからこそ、何かのキッカケで(例えば一方的にフラれたり)ころっとプラスがマイナスに変わると大変なのです。行き場を失った感情が、反動で、ネガティブなものに変わるからです。

愛していただけ、一気に、憎らしくなることがある。

これが愛憎のメカニズムです。

次ページ:愛憎が生まれる理由や状況

SHARE