お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 デート・カップル

セックスしてくれない彼氏。男性がセックスを拒否する11の理由と対処法

森林原人

以前「セックスレスの原因と解消法」について書きました。セックスレスでツラい思いをしている人がたくさんいるからか、予想以上の反響をFacebookやTwitterでいただきました。

ツラい経験など忘れてなかったことにしてしまいたいと思っている人からしたら、改めてセックスレスについて掘り下げたいなんて思わないでしょうが、セックスを完全かつ円満に卒業できた人でない限り、心のどこかで気になり続けているものです。

セックスレスは、快楽行為がないというだけではなく、大切な人との間にあるべきコミュニケーションが不足しているという捉え方ができ、だから寂しいわけです。精神的に満たされる関係を築いたり、維持したりするためには、セックスレスという状況の背景と向き合うことが大いに役立つと思うのです。

今回は、セックスに応じてくれない彼に悩む女性たちに向けて、セックスレス以前にある「男性がセックスを拒むキッカケや心理」について考えていきます。

男性はみんながみんなセックス好きなわけじゃないし、セックスできれば誰でもいいと思っている男性もごくわずかしかいない、ということを大前提とした上で進めていきます。

男性がセックスを拒む11の瞬間

まずは「セックスをしたいという欲望(性欲)」の中身をいくつかに分けて考えます。

その分類によって、「その欲望を満たしたくない」とか「その欲望自体と関わりたくない」とか、「その欲望を持ち合わせていない」といった複数の心情が見えてきます。

そして、これらは内面の出来事。それが表出すると「セックスの拒絶」という言動表現になるのです。

では、いくつかの観点に分けて、セックスを拒む男性心理を探っていきます。

(1)体が疲れている(休養欲>性欲)

3大欲求と呼ばれるものがありますが、多くの男性にとっては、性欲(快感欲)よりも睡眠欲(休養欲)が優先されます。

つまり、眠いときや肉体が疲れているときには、セックスしたいと思いません。

ただし例外があって、そのセックスが貴重(滅多にできない相手とのセックス、セックスが頻繁にない人生を送っている人)だったり、疲れマラと呼ばれる疲労のピーク時など性欲が活発になる場合もあります。

(2)心が疲れている(孤独欲>性欲)

精神的に疲れていたり、病んでいたりするときは、他者とのコミュニケーションを望まなくなることが多々あります。そういった「ひとりでいたいとき」は、性欲よりも孤独欲が優位になります。

いろいろな問題を抱え込んでいっぱいいっぱいになっているときは、気を遣わない相手(金銭でセックスサービスの契約を結んでいる人など)とのセックスは気晴らしになりますが、気遣いや思いやりを求められる相手とのセックスは、セックスすることで気疲れすることが予想されるのでしたくないのが男性心理です。

そういうときには、男女関係なくだと思いますが、セックスするのではなく、ただ側にいて優しく寄り添うように微笑んでくれたり、苦しさや辛さに相槌を打ってくれたりすることを相手に求めます。

(3)老化現象(気持ち≠体)

多くの男性の勃起能力(反射速度、硬度、射精切り替え力、回復)は、10代から20代前半をピークに下がっていきます。

下げないためには日々使い続けることが重要なのですが、それを知らないと久々に使う機会になったときにガクンと能力が落ちていることに驚きます。その驚きが不安を生み、次回使うときのプレッシャーにつながります。

こうなると負のサイクルで、本当はそれほど能力が落ちていないのに、自分で自分の首を絞めるようにプレッシャーと戦う羽目になりどんどんセックスができなくなっていく男性もいます。

(4)対象人物が性的好みとかけ離れている

男性が性的に魅力を感じるのは、若くて胸が大きくてすらっと手足が長くてきれいな顔立ちの女性だと思われていますが、必ずしもそうではありません。

僕が確信を持って発信している格言に「必ず誰かが誰かのストライク」というのがあります、歳をとっている、胸が小さい、手足が短い、太っている、ブスと言われる、など当事者からしたらコンプレックスであることも、魅力的に感じる男性はどこかに必ずいるということ。あらゆる身体特徴に対し興奮する男性が必ずいます。

この千差万別の性的好みは、人と人とを多種多様に組み合わせますが、好みが変化したり、その相手が変化したりもするので、出会いと別れを繰り返させます。

性的側面からは終わっても、築き上げた信頼関係や情によって一緒にいる選択をすると次第にセックスレスになります。

(5)性欲を嫌悪する価値観

冒頭で説明したように、性欲は社会的に下品なことと思われがちです。そういった価値観やイメージを物心つく前から周囲(多くは家庭)から刷り込まれた人は、男女関係なく性的なことを拒絶します。

セックスすること、セックスに興味を持つこと、セックスで快感を得てしまう自分、あらゆる視点から拒絶・否定を繰り広げます。

不思議なことに、そういった価値観の人がふとしたきっかけで反転し性的に奔放になるということも多々あります。いずれにしても、性に人一倍とらわれている人生といった意味では同じ括りです。

(6)セックスへのプレッシャー

セックスで、「愛情を証明して」とか、妊活として妊娠をしたいとか、結果や課題を与えられると、意識的に勃起や射精をしていくことになります。

プライベートな行為だからパンツを脱ぐわけで、社会性を捨て去る瞬間であるはずなのに、そこに社会活動的な意識を持ち込まれると気分が乗りにくくなる男性もいます。

(7)過去の恋人や理想との比較・代替

セックスをしている2人の、その瞬間にある感情や欲望が互いに向かうことで行為がなされるのではなく、意識が過去や未来、どこか違う場所や相手にいっていると、体と頭が解離します。

それは相手の体だけとセックスしていることになるので、どこか上の空だったり、見えない相手と戦ったりすることになり疲労します。

体だけでなく、そこにある心(意思や感情)も含めてその人なわけで、体だけを求められると物化されていると感じ、比較や代替の対象にされている相手もやるせなくなります。

(8)セックス市場における自信のなさ

セックス市場での評価とは、モテるかどうかといった表現に変換されることが多いのですが、高齢になっても性的経験がなかったり、性的魅力がうまいこと発揮できず気づいてもらえなかったりすると、セックスと関わりたくないと思うようになります。

学校において苦手な科目は意欲的に勉強しようとならないのと同じです。

それは自分自身の評価を下げないためで、セックスを通して突きつけられる性的敗北感への恐怖と防衛からなるものです。

(9)女性や女性器そのものへの嫌悪

前述の(5)と近いものですが、セックスを通して快楽を得ることの否定ではなく、女性性への恐怖、拒絶からセックスを避けるパターンもあります。

それは女性から性暴力を加えられたり、育つ環境で女性(多くは母親)に虐げられてきたり、強烈な映像や状況を見てしまった、過去の性的体験の中で傷つけられたといった要因があります。

これを自分の中で受け止め処理するときに、自分を守るために歪んだ認識で記憶することになります。結果、対個人への否定や拒絶ではなく、「女性」や「女性性」といった大きな括りで嫌悪していきます。

(10)愛着の未学習

育つ環境で、愛着関係を誰か(中心は両親)と築けず体感できていないと、本能が成長・成熟できなかったり、損傷したりします。

すると他者や自分を愛し、大事に思うことができません。

なので、愛おしいと思いその相手に愛情を本能的に持つことができません。ただし、思考として愛情表現を学習すると、その視点で対応することができます。

日常生活の中で例をあげれば、傘を持たず雨に濡れ凍えている人に対し、家を用意するのが良いと考えるのが思考で、自然と抱きしめ温めてあげようとするのが本能です。

どちらかを正解と決める必要はありませんが、セックスに至りやすいのは、後者の本能タイプのほうです。

(11)セックスの貴重性の低下

付き合う人ができたり、結婚したりすることでセックスが日常的な行為になると、セックスの貴重性が弱まります。

セックスそのものだけでなく、相手の性的側面も好奇心を駆り立てなくなり、性的新鮮さが欠如するとセックスへの興味、する動機がなります。

若いころに刺激的なセックスをたくさんした人に多いのは、セックスの奥深さがわかったと自覚し、探求することを卒業してしまう例です。

次ページ:彼氏が彼女のセックスを拒む理由

お役立ち情報[PR]