お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「嘘つき」の特徴をチェック。虚言癖のある人の見抜き方と接し方のコツ

織田隼人(心理コーディネーター)

あなたのまわりに、すぐに嘘をつく人はいませんか? 職場やプライベートの人間関係で頻繁に嘘をつく人がいると、迷惑だったり損したりすることもあるもの。この記事では、嘘つきな人の心理や特徴に加え、虚言癖のある人をどう見抜き、どう接していくべきか、心理コーディネーターの織田隼人さんに解説してもらいました。

嘘をつかれるというのはとても迷惑なことです。

相手の言葉を信用できないため、言葉一つひとつの裏に隠されたことを推察したり、言った言葉をわざわざ裏で検証したりしなければなりません。

嘘をつく人と接する場合、これほどまでに面倒なのに、嘘をつく人は嘘をつき続けます。

今回は嘘をつく人をどう見抜き、どう接していくべきか、詳しく見ていきましょう。

なぜ嘘をつくの? すぐ嘘をつく人の心理

ただ嘘をつくといっても嘘をつくにはその「背景」があります。

何も考えずに嘘が出てくる人は本当に稀で、何かしら嘘をつきたい理由があるから嘘をついていることが多いです。

嘘をつく人の心理について見ていきましょう。

(1)隠したいことがある

浮気や借金など自分にうしろめたいことがあったり、締め切りが近づいているのに仕事をしていなかったりするなど、何かしら隠したいことがある場合に嘘をつくことが多いです。

「この人は嘘をついて何を隠したいんだろうか」と考えてみると、相手の本質が見えてきます。

(2)自分が責められたくない

失敗やミスがあったり、うまくいっていないことがあったりする場合に「自分が責められないため」に嘘をつく人も多いです。

自分の身を守るための嘘です。

もちろん、バレればあとでもっと面倒なことになるのですが、「その場しのぎ」で考える癖が強い人ほどその場を取り繕うために嘘をつくことが多いです。

(3)自分の利益になるようにしたい

だます意味で嘘をつく人もいます。

こういう人は「相手のことはどうなってもいい。自分の利益のため」と考えて嘘をついています。

嘘をつく人の中でも危険なタイプが、このように自分に利益を誘導するため嘘をついている人です。

相手を思いやる心がないので、こういうタイプと接していると、いろいろ不利益を被ることが多いです。

次ページ:平気で嘘をつく人の特徴とは?

SHARE