お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 デート・カップル

女性からセックスに誘う3つのコツ。誘われた男性の本音とは?

森林原人

「セックスは男性から誘う」がスタンダードであることは否めない。でも、女性から「シたい」「誘いたい」と思うことだってある。この記事では、AV男優で執筆活動を行う森林原人さんに「女性からセックスに誘うには?」をテーマに、男性側の本音や誘い方のコツを教えてもらいました。

受験、就職、昇進、育児と人生の重要なタイミングでの男女不平等(差別)が社会問題となり、多くの人の関心を集めている昨今。

一方で、男女間には身体的差異があり、それによって能力が変わるのは自然なこと。

だから、オリンピックなど身体能力を競う場では男女別が当然です。では、セックスの場ではどうでしょうか?

今回は「女性からセックスに誘うこと」をテーマに、男性側の本音や誘うときのポイントを紐解いていきます。

なぜセックスは「男から」がスタンダード?

日本のスタンダードだとセックスは「男性(彼氏)から」誘うもの、と認識されていると思います(またはそれが美徳)。これは男女不平等でしょうか? 当然のことでしょうか?

生殖以外の目的でセックスをする人間

人間以外の動物は、生殖以外の目的でセックスをしません(厳密にはボノボなど数種類の例外がいます)。なので、繁殖期にのみ生殖行為としてのセックス、本能的性行為をします。

一方人間は、年がら年中セックスをします。

生殖の可能性がなく動物的本能とはいえないようなタイミングで、社会的行為としてのセックスや、娯楽としてのセックス、コミュニケーションとしてのセックスをするのです。

男性器の変化が成立条件であるセックス

ただし、いずれのセックスにも当てはまるひとつの共通点があります。

それは、一般的に、セックスが成立するための必要条件が<勃起、挿入、射精>であることです。このいずれもが男性器の変化であり、男性に決定権があるもの。したがって、セックスでの主導権は男性に持たされます。

結果、女性は受け身にならざるを得ないのです。

日本の「セックス観」の特徴

「そんなバカな、だったらほかの国ではどうなんだ!?」といったツッコミがあって当然です。

たしかに、男性器ありきのセックスをしている国でも、女性が一方的に受け身でない国は存在するでしょう。その国と日本は何がちがうのでしょうか?

主導権を握らないと“できない”日本の男性

これはあくまでも僕の推測ですが、日本の男性の多くが、自分が主導権を握っていないと男性器を正常に機能させることができない体質になってしまっているのだと思います。

男優の中でも大きく2つに分かれて、自分が主導権を握って絡みをしているときだけ<勃起→射精>をスムーズにできるタイプと、女優さんに主導権を渡しても同様にできるタイプがあり、後者は少ない印象です。

後者のタイプをM男と分類する人もいますが、それはちがいます。

M男は自分で主導権を握れません。厳密には握ろうとしません。

主導権を握ったり明け渡したりの両方ができる人は、相手の感情や欲情に共感したり、興奮に共鳴したりできるということです。たいそうな言い方をすれば、相手の土俵に立つこともできる、胸を貸すこともできるといった感じです。

自分が主導権を握っていないとセックスに及ぶことができない人は、セックスという行為を通して、相手を開拓、支配、獲得、利用しているだけなのです。

「セックスは相手を支配するもの」と誤解する日本人

残念ながら、日本の男性にはこれがセックスだと無意識のうちに誤解している人が多いです。結果、そういった男性の相手をする女性は「物」にされてしまいます。消費され、消耗され、傷つけられる。

こういった感覚に興奮したり、欲情したりする女性も少なからずいると思いますが、僕からすると不健全です。

「性欲がない女像」を生み出した社会的背景

日本ではなぜ不健全な性の価値観になってしまったのか?

そこには、明治時代にはじまる純潔教育や一夫一妻制の家父長制度が影響していると思っています。それらによって、女性の性欲はないものとされ、男性はセックスを通して男らしさを誇示しなければならなくなりました。

日本の性が意図的にコントロールされたことで、男女ともに窮屈な思いをすることになっているのです。

時代の流れで、「女性にも性欲があるんだ」という自然な価値観が認められるようになってきましたが、認めることとそれに対応することは別問題なのです。

次ページ:女性から誘われたときの男性心理とは?

お役立ち情報[PR]