お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

女性からセックスに誘う3つのコツ。誘われた男性の本音とは?

森林原人

「セックスは男性から誘う」がスタンダードであることは否めない。でも、女性から「シたい」「誘いたい」と思うことだってある。この記事では、AV男優で執筆活動を行う森林原人さんに「女性からセックスに誘うには?」をテーマに、男性側の本音や誘い方のコツを教えてもらいました。

彼氏に「セックスしたい」と伝えるには?

もし、相手の人格も含め好きだからセックスをしたいと思い誘うのなら、まず好きという気持ちを伝えることが大切。その上で「セックスを拒否された=(イコール)好きという気持ちが拒否された」であるとは限らないと区別して考えることが重要です。

そうしないと、2人の関係が、セックスによって食いちがってしまいます。

セックスに誘う際の3つのコツ

彼氏 浮気してるかも

男女ともにセックスを駆け引きの道具として使う人がいます。ゲームとしてはおもしろいかもしれませんが、2人の関係を長続きさせる上では得策ではありません。

ゲームには必ず終わりがあります。

そのような価値観だと、当然気持ちが軽いものとなるのです。セックスを賞品やご褒美にしないことが、2人の関係がフラットでいるための大前提となります。

フラットな関係である彼氏にセックスのお誘いをするには、

(1)相手に拒否権を持たせること
(2)感情と行為を切り離すこと
(3)どのような返答だったとしても怒ったり悲しんだり動揺したりして気まずい空気にならないこと

がポイントです。

正直、今の日本の男女で、こういったコミュニケーションが自然とできるカップルはごくごく少数だと思っています。でも、勇気を持って一歩踏み出さなければ、セックスレスで苦しむ先輩方の二の舞になるわけです。

女性がしたいと思って当然ですから、ひとりラーメン、ひとり焼肉、ひとり立ち飲みをするくらいの勇気を持って誘ってみてほしいです。

相手を変えることはできないけれど、自分が変わることはできるのです。そして自分が変わることで、それに釣られ相手が変わっていくのです。

「恥ずかしくて積極的になれない、言いにくい」と悩む女性には応援することしかできませんが、あなたの欲望がまちがったものでも、悪いものでも、恥ずかしいものでもないということを、僕は誰よりも知っています。

ありのままの自分を受け入れてください。

言葉だけじゃなく「行動」でもアプローチ

あえて、僕だったらという話をすれば、やさしいフェザータッチにより全身マッサージをされたり、自然の中で数日のんびり過ごし、綺麗な星空をくっつきながら眺めたりしているときに「かわいい、大好き」と言われたらしたくなりますね(男もかわいいって言われたらうれしいんです)。

言葉だけできっかけを作ろうとすると、思考に訴えかけることになりますが、肉体に直接訴えかけることができれば、認知プロセスの「知覚→理解→判断→行動」のうちの理解と判断をすっ飛ばして、「知覚→行動」まで一気に進めることができます。

セックスは体を使う行為ですから、体にもアプローチするのがテクニックです。

女性が誘うということは、男性がそれに応えるということがついてまわってくる話です。

僕は男性への性教育も使命だと思ってがんばりますので、ぜひとも女性のほうからもセックスコミュニケーションのきっかけを作ってくださいね。

(森林原人)

※画像はイメージです

SHARE