お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド 女性の身体

生理についてもっと理解を。“紙袋いりません”という選択『 #NoBagForMe 』

フォルサ

ユニ・チャームは6月12日より、生理用品を隠さなくてもよい世の中の実現を願い、生理用品を購入するときに、女性が“紙袋いりません”と言う選択肢をもつことを推進する『 #NoBagForMe 』プロジェクトを開始します。

#NoBagForMeプロジェクトのメンバー

 

同社生理用品ブランド「ソフィ」を通して、女性の体に自然と起こる生理をすべての人が当たり前のこととして捉え、女性がより自分らしく活躍できる社会を目指すものです。また、女性が生理用品の存在を隠さずに生活することは、世の中の生理に対する理解を深めることにつながると考えているとのことです。

#NoBagForMeプロジェクトの趣旨に賛同した5人のメンバー(ハヤカワ五味さん、菅本裕子(ゆうこす)さん、あっこゴリラさん、塩谷舞さん、瀧波ユカリさん)は、このプロジェクトを推進するとともに、生理用品を隠す必要性を感じさせない、新しいパッケージのデザインを開発中で、新デザインの商品の発売は2019年末を予定しているそうです。

和やかな雰囲気でパッケージ開発を行うメンバーたち

メンバーの菅本裕子(ゆうこす)さんは、生理は隠すものであるというように教えられたところもあって、生理の知識も浅かったそうですが、このプロジェクトを通じて生理に対する知識を深め、自信を持てるようになりたいとのこと。さらに一番知っておかないといけない10代・20代の人達に拡散していきたいそうです。

また、塩谷舞さんは、ずっと思い生理痛で悩んでいましたが、最近、子宮内膜症とわかり、SNSで発信したところ多くの女性から「実は私も」という反響があったとか。一般的な病気なのに認知度が低く、当事者は多くいるのに、公にしにくい空気があると肌で感じたそうです。

メンバー全員と同社は6月6日にプロジェクトのキックオフミーティングを行い、今後の発動について話し合いました。プロジェクトでは、パッケージのデザイン開発だけでなく、男女分断の初経教育や、親から子への初経教育のありかたについて議論と実践の場を持つこと、生理含めた女性のからだに起きることや生理ケアについて理解を深める活動を想定しているそうです。

(フォルサ)

お役立ち情報[PR]