お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
コラム 片思い

男性が「LINEを終わらせたい」ときのサイン #LINE道場

二宮ゆみ

好きな人に送るLINEから、職場の上司に送るLINEまで。毎日使えるLINEテクニックを、元人気ホステス・二宮ゆみさんが解説します!

LINEをするとき、「なんて送ろう?」と悩む女性は多いはず。元人気ホステスで恋愛コラムニストの二宮ゆみさんに、相手の心をつかむLINEの送り方を解説してもらいます。今回は「男性がLINEを終わらせたいときのサイン」です。

「会話を強制終了させられたとき」の挽回方法でも、男性からの「脈なしLINE」の特徴でも、何かと話題にのぼる「LINEの終了サイン」。

なぜ誰も「はい、この会話終了! おわーり! でも別に嫌いなわけでも話したくないわけでもないから安心してね、うん、ただもうLINEしたくないだけ!!」というスタンプを作らないのでしょうね……。私が作っちゃおうかな……もう。

気になる人の気持ちを悶々とあれこれ思いめぐらせてはウキウキしたり落ち込んだり、恋する乙女はいつもひとり妄想に忙しいです。

でもちょっと考えてみてください。自分が相手の立場だったら……?

・疑問文がなくなる
・短文になる
・レスが遅くなる
・どんどん文字数が減る
・しまいにはぞんざいなスタンプひとつ投げつけて終わる

のように、返すLINEが変化していきます、よね?

きっと彼も同じです。楽しかったやりとりと少しニュアンスのちがうLINEがきたら、「この会話、終わってほしいな」と思われている可能性が高いです。

っていうかそもそもほとんどの男性は、おしゃべりでのコミュニケーションが好きでも得意でもないので、私たちが思っている以上に早く「今日はこんなもんでいいかな」と思っているフシがあります。

彼との会話はリアルで会ったときに500%楽しむとして、とりあえず軽めのスタンプをひとつポンと送って、今日のところは許してあげて下さい(笑)。

(二宮ゆみ)

お役立ち情報[PR]