お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 片思い

成功率高め! 男性が思わずOKする「デートの誘い方」

二宮ゆみ

好きな人とデートしたい! だけど、自分から誘うのは怖い……。そんな人のために、成功率を上げるデートの誘い方について、元ホステスの二宮ゆみさんに解説してもらいました。LINEの例文つきなので、ぜひ真似してみてください。

えらい!!

「私待つわ」のあみん的女性が多い中で、意中(でも意中じゃなくても)のお相手を気軽にデートに誘っちゃえるあなたは、それだけで恋愛ゲームにおいて一歩リード、いや大幅リードです。

はっきり言って、誘ったモン勝ちです。デートなんて。

でも、せっかく誘うなら、「できるだけ断られたくはない」ですよね。

今回は、そんな勇気あるあなたのために、デートのお誘いで成功率を少しだけ上げる“ちょっとしたコツ”をご紹介しますね。

男性からOKされるデートの誘い方

1.わかりやすく誘う

「○○のお店が気になってるんだけど、一緒に行きませんか?」

はい。これでOKです。

簡単すぎて気が抜けそうな感じもありますが、男性目線でちょっと考えてみましょう。

「今は俺を指名してくれてるけど、ここで俺が見送ったら別の男にチャンスが行ってしまう!」というように、焦りそうじゃないですか?

男性の多くは「チャンスを掴みたい、あわよくばモノにしたい」と思って生きていますので、“目の前に人参チラつかせ作戦”はハマってくれる方が多いのです。

ほら、簡単!

2.彼の言ったことに被せる

「おいしい中華見つけたよー! ○○くん、中華好きってこの前言ってたよね? 一緒に行こ!」

この「前に好きって言ってたよね?」はとても使えるひと言です。

まず、自分が“好き”と公言した手前、なんとなく断りにくい(笑)。

ナチュラルに言質をとってる感じもステキです。

そして、お相手に「前に俺が言ったことをこの子はちゃんと覚えてくれてるんだな……きゅん」と思わせる点でも、なかなかの優秀ワード。

彼の承認欲求もゴリゴリに満たされるでしょうから、デートのお誘いの際はぜひ付け加えてほしいひと言ですね。

3.イベントに被せる

本物のイベントでもカレンダーイベントでも、なんでもいいので被せてください。

「この日限定」という明確な理由があるので、素直に応じてくれる可能性が高いです。

クリスマスだから
誕生日なの♡
お花見しよー!

なんでもいいです。

毎回イベントや言い訳を探すのにも疲れてきたら、「○○さんと出会って100日記念」とかも使っちゃいましょう。

男性って意外と私たちよりずっとロマンチックな人たちが多いから、案外喜んでくれます(笑)。

ちなみに、日数はどうでもいいです。

23日や85日など、どう考えても記念日にならなさそうな日も躊躇せずにバンバン記念日にしちゃってください。

続けているうちに「次は何日記念にデートしようか?」と、彼のほうから聞いてくれるかもしれません(笑)。

4.彼が気軽に行ける場所を指定

彼の職場の近くに行ったついでに誘ったり、自分の出張の帰り道に誘ってみたりするのも重くなくてオススメ。

特に、彼からの興味が薄い女の子の場合、彼にとって都合の悪い場所だと、「俺の職場は品川なのに、なんで池袋デートなんだよ。それはお前の勤務地だろ……」となることも。

「金曜日、大阪出張で帰りに品川を通るんですが、時間あったらご飯行きませんか?」など、彼に合わせた場所や時間を提示することで、デート成功の可能性がUPします。

“楽させてあげる”って、これから彼との距離を詰めていく段階では、強い武器になるんです。

次ページ:デートに誘うときの注意点

お役立ち情報[PR]