お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

別れたくなる。男性が「彼女にやめてほしい口癖」

山田麻子

お付き合いをしている女性との会話に違和感がある男性。その原因は自分が言われたくない言葉が彼女との会話のなかに混ざっているからであり、それがいつしか別れを迎える原因になることも。彼女にやめてほしい口癖があるという男性は少なくありません。そこでアンケートの回答と一緒に、男性が別れたいと思うほどの「彼女にやめてほしい口癖」をご紹介していきます。

元彼を匂わせる会話はNG

・「元彼と比べて前のほうがよかったという」(26歳/その他/営業職)

・「いつも元彼と比較ばかりしてきて困る」(31歳/電機/技術職)

大好きな彼女から元彼の話を聞きたくないというのが男性の本音のようです。元彼はもっとやさしかったとか、元彼はいろいろな場所へ連れて行ってくれたなど口癖のように話していると、いつの間にか彼の心が離れてしまうことになるかも。彼に対して不満に思うことがあっても元彼と比べるような発言は控えたほうがいいですね。

負担に感じる! 「束縛」

・「浮気とかしてないよね? という束縛」(29歳/医療・福祉/専門職)

・「どこに行くの? みたいな監視するような発言」(31歳/その他/販売職・サービス系)

相手と離れて過ごしている時間は、自分にとっても大切な時間でもあります。その時間の過ごし方について、相手に何をしていたのかなど、束縛されるようなことを言われてしまうことに負担を感じる男性は多いのです。

せがまれて言いたくない! 「好き」

・「本当に好きなの? など、いちいち聞いてくること」(32歳/農林・水産/営業職)

・「次はいつ会える? などの急かしてくる言葉」(34歳/情報・IT/クリエイティブ職)

2人で過ごしているときに「好きと言ってほしい!」とせがまれることや、早く会いたいとデートを急かされることをよく思っていない男性が意外と多いのだとか。好きという気持ちは、自分のタイミングで伝えるべきものだと考えている男性が多いのです。彼が好きと言ってくれないことに不安を感じても、一旦相手のタイミングを待ったほうがいいでしょう。

彼のテンションを下げてしまうネガティブ発言

・「死にたいとかネガティブなことを言い続けるのはちょっと嫌」(33歳/その他/技術職)

・「テンションが下がるようなネガティブ発言」(32歳/機械・精密機器/技術職)

友だち関係や仕事の悩みなどを彼に相談することもありますよね。彼は親身になって相談にのってくれることでしょう。けれど、あまりにもネガティブな発言が続くと疲れてしまう男性が多いようです。彼に悩みを相談することは間違いではありませんが、彼のテンションを下げるほどにネガティブな発言を続けることは避けたほうがいいですね。

まともな会話が成立しない! 「言い訳」

・「『だってさ』とかいう口癖は嫌だ」(26歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「何かにつけて言い訳する女。耐えられない」(33歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

会話の中でいちいち言い訳をされることに耐えられないと思う男性は多いようです。相手に伝えたいことがあっても、言い訳をされては気持ちよく会話が進まないですよね。相手の言うことを不服に思ったとしても、潔く意見を受け入れたほうがいいこともあるのです。

まとめ

「別れたい」と男性が思うほど「彼女にやめてほしい口癖」を紹介してきました。元彼と比べられたり、束縛されているように感じる言葉は、男性にとってかわいいやきもちには映らないようです。また、「好き」という言葉をせがまれると男性は負担に感じてしまうことも。ネガティブ発言や言い訳が苦手な男性も多いので、男性と会話をするときに意識してみるといいでしょう。

(山田麻子)

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2019年3月7日~3月11日
調査人数:315人(22~39歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]