お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 出会い

付き合う前、昼デートに誘う「本当の男性心理」

恋愛マスターくじら

付き合う前、夜じゃなくあえて昼からデートに誘ってくれる男性。「もしかして真面目に付き合いたいと思ってくれてる?」と女性なら期待しますよね。この記事では、昼デートに誘ってくれる男性心理を恋愛マスターくじらが解説。彼との距離をグッと縮めるおすすめデートプランを紹介します。

付き合う前の昼デート。これに戸惑う女性たちがいる。

「なぜ、付き合ってもいないのに昼間にデートをするのだろう?」「彼の心理って一体?」

こんな疑問を持つ女子たちのために、昼デートに誘ってくる男性の狙いから、脈あり度、昼デートのおすすめプランまで、恋愛マスターくじらが解説していこう。

付き合う前の昼デート。脈あり度は?

まず前提として、あえて昼デートに誘う男性心理は3パターンに分かれるはずだ。

1.本気だからこその昼デート

まず女性たちにはショッキングな話かもしれないが、大前提としてほとんどの男性は昼デートなんて面倒くさいと思っている。もちろんそうじゃない男性もいるが、少数派だ。

男性たちはできれば夜にちょろっと飲みにいって、そのままの流れで家にでも行けたら最高だと思っている。特に若い男性たちは「あわよくば」の五文字が頭から離れない。

つまり、そういう邪心や面倒くささをすべて振り払って、わざわざ昼デートに誘うというのはそこにかなりの本気度を感じる。脈あり度90%のケースだ。

2.お酒が苦手だから昼デート

単純な理由だが、お酒が苦手な人は昼デートを好む人が多い。

そりゃ烏龍茶で何時間も居酒屋にいるより、昼間にどこかに出かけたほうが楽しいだろう。豪華なランチを食べるほうがコスパもいい。

こういう人にとっては、そもそも昼デートは当たり前の感覚であって、そこに深い意味はない。しかし、デートに誘っている以上脈はある。したがって、お酒が飲めない彼の場合は脈あり度70%。

3.純粋に行きたい場所がある昼デート

デートが目的というよりも、純粋に行きたい場所があって、そこに一緒に行かないかという誘いの場合もある。そういう場所はたいてい昼間じゃないとオープンしていないので、必然的に昼デートになるというわけだ。

デート相手というよりも趣味仲間的な要素が強いかもしれない。彼のほうにデートの感覚があまりない場合、脈あり度はグッと下がる。脈あり度は30%。

夜じゃなくて昼に誘うのは「精神的に大人な男性」

狙っている女性にも関わらず、夜ではなくわざわざ昼間のデートをセッティングするのは余裕のある精神的に大人な男性だ。

性欲どうこうよりも、まず2人の時間を楽しく共有したいのだ。これを長い前戯と考える人もいるだろうし(笑)、シンプルにあなたとの会話を楽しみたいと思っている人もいる。

別に性欲イコール悪ではないから、昼間のデートが偉いわけではないが、そこには恋愛そのものを楽しもうという姿勢を感じる。恋愛の優先順位が低い男性が多い中、こういう人とカップルになれば、その後の恋愛も楽しいだろう。

昼にまったく会ってくれない男性は危険?

昼間にまったく会ってくれない男性はあなたを恋愛対象としては見ていないだろう。セックスという目的以外に時間を使いたくないのだ。

夜に会ってくれるならまだいいが、その夜の時間すらも段々と短くなってくるはずだ。時間もお金もどんどん節約される。

そのうち集合場所がホテルになったり、家で会おうとか言い出したりするはずだ。

デートに余白がないほど、あなたの人間性には興味がないといえる。付き合ってもいないのに、夜中の11時半くらいに「今から家行っていい?」とかはもう完全にアウトだ(笑)。

次ページ:何する? 昼デートを楽しむおすすめプラン

お役立ち情報[PR]