お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
コラム デート・カップル

ケンカした彼氏と仲直りする方法 #LINEバトル2

マイナビウーマン編集部

あの「LINEバトル」が帰ってきた! 2代目バチェラー・小柳津林太郎さんから選ばれた女性だけがもらえる「一輪のバラスタンプ」をめぐって、マイナビウーマン編集部がガチ勝負。小柳津さんの心をつかむ最強の彼女はいったい誰?

2代目バチェラー・小柳津林太郎さんからの「一輪のバラスタンプ」をめぐって熾烈な「LINEバトル」を繰り広げたマイナビウーマン編集部。

「LINEバトル」シーズン2では、めでたく小柳津さんと付き合うことになった(という夢のような設定の)編集部が、「彼氏に送るLINE」というテーマで全5回ガチ勝負!

小柳津さんの心をつかんで離さない「最強の彼女」はいったい誰?

第2回のテーマ「ケンカをした彼氏に送るLINE」

小柳津さんとのデート中、ささいなことでケンカが勃発。気まずいまま、それぞれ帰宅することに……。

早いところ仲直りしたい! こんなとき、どんなLINEを送る?

マイナビウーマン編集部がLINEを送ってみた

1人目:アメとムチを使いこなす、3児の母・のりぴ

反省しているアピールをして、下手に出て謝る。仲直りしたい気持ちもはっきり伝える。結婚歴10年目ののりぴだからこそ言えるのは、パートナーにはちゃんと言葉で伝えるのが一番早い。まわりくどいのよくない。察してはキモい。謝らせようとしない。自分が謝ったほうが早い。反省してなくても反省するふり大事!

2人目:真面目&やさしさあふれる、たかはし

たかはしは「ケンカは翌日に持ち越さない」と決めてます。だからその日のうちに謝って、かつ相手に直してほしいところも正直に伝えて、同じケンカが起きないようにする。で、来週のデートでは何事もなかったかのように接する。そのほうがお互いにすっきりするでしょ?

3人目:小手先テクが得意、あーりん

シンプルに謝る! 以上! ケンカを蒸し返すようなLINEってよくなくない? 文字に残るし。たかはしみたいに「ここを直してほしい」とかそういう話題は、会ったときに向き合って話せばいいよ。

4人目:腹黒&アッパー、さちこ

ひとつ言っておきたいのが、さちこはケンカしたとしてもその場で絶対おさめる主義。だから、さちこから帰ることはない。もし相手が話し合いを放棄した場合は失望しちゃうね。だって動物と一緒じゃん。ということで、さちこからは何も送りません。ガッカリだよ、ほんと。

さて、気になる2代目バチェラーの反応は!?

今回もっともグッとこなかったのは、あのメンバー!

グッとこなかったのは、「腹黒&アッパー、さちこ」さんです。

やはり、せっかくのデートがケンカで気まずく終わった場合、ここからは2人の探り合い、ないし我慢比べになるわけです。

たいてい男性は自分から謝らなければと思うものですが、相手から何もないと逆に腹が立ってくる人もいると思います。

2代目バチェラーの心をつかんだメンバーは?

グッときたのは、「小手先テクが得意、あーりん」さんです。

これは非常に好感が持てます。まず、最初のもじもじスタンプが気持ちをうまく表現しているので、効果的だと思います。

そして、謝るにしても、端的で、かつ「本当は好きだよ」と言われたら、男性側からすると「俺こそごめん。というか、俺こそあーりんのことめっちゃ好きだし、言動に気をつけます。あとで電話するね!」くらい返してしまいそう(笑)。

2代目バチェラーが教える「ケンカをした彼氏に送るLINE」

1.まずは、気持ちを込めて謝る

形式上だけ謝っても、伝わらないことが世の常。きちんと気持ちを込めて謝れば、相手に伝わるはずです。注意点は「長々と書かないこと」。あくまでも短い文章に想いを集約して。

2.スタンプの有効活用

言葉で表現しきらず、部分的にスタンプを活用するのもアリです。

ただし、軽いイメージのスタンプは逆効果になることもあるので、できれば申し訳ない気持ち、または好きな気持ちを表すスタンプを前後で活用するといいかもしれません。

3. LINEしたあとに電話する

コミュニケーションの基本は、直接>電話>テキストです。既読になったあとやレスが返ってきたあとにきちんと電話すると、関係修復のスピードがぐっと上がる気がします。

そのときに大事なのは、相手を詰めず、まずは自分から謝ることに徹する。そのあとに相手からも謝ってきたら、その事件についてくわしくは話さず、次のデートの話や明るい話題に終始することをおすすめします。

勝者と敗者インタビュー

まさか、LINEバトル連敗記録を更新し続けてきたLINE弱者・あーりんが初勝利するなんて……!
りんちゃん大好き~~~~♡
でも、さちこにはわかる。これは、計算高いあーりんが「小柳津さんの好みの傾向」を調査・分析し、迎合した結果だということを。
LINEバトル、意外と楽勝かも。この調子で連勝目指しちゃおっかな?
なんでだろう。先輩だけどイラッとする。
さちこも、自己主張ばかりしてないで少しは「迎合」を覚えたほうがいいよ。これ、先輩からのアドバイスね。
そんな余裕かましてると、絶対どこかでボロが出るんだから……っ!

回を重ねるごとに、着実にLINEスキルが身についてきている(?)編集部。今まで惨敗していたあーりんが「迎合スキル」を発動したことで、より混戦状態に! 次回は「浮気疑惑のある彼氏へのLINE」。乞うご期待!

(文:マイナビウーマン編集部・小柳津林太郎、イラスト:ヘロシナキャメラ)

「LINEバトル」バックナンバー

第1回:仕事で疲れた彼氏を癒すLINE

お役立ち情報[PR]